金沢区・磯子区版 掲載号:2018年8月23日号 エリアトップへ

磯子地区連合町内会の会長を務める 内藤 吉夫さん 磯子区久木町在住 85歳

掲載号:2018年8月23日号

  • LINE
  • hatena

ボランティアは元気の源

 ○…副会長を6年務め、今年4月から会長に就任した。「これまでの支える立場から、先頭に立って会員を引っ張っていかないといけない」との思いを強くする。これまで連合町内会で実施してきた防災、福祉施設見学なども継続していくつもりだ。「誰もが住みやすくなる街」を目指し会長職にまい進する。

 ○…山梨県大月市出身。横浜市に勤めていた6つ上の兄を追うように自身も横浜へ。運転が好きだったこともあり、20歳で交通局に奉職。バスの運転手として浅間町や磯子営業所などで勤務した。特に市電の廃止以降は、市民の足としての重要性が増した。45歳ごろの異動を機に、市営地下鉄の用地買収に関わり、契約に携わった。「市営地下鉄の駅を訪れると、この駅の立ち上げに携わったんだと今でも感慨深いですね」

 ○…公務員として街づくりに携わっていたことから、自ら住む街への思いも強くなった。民生委員となり地域でも活動。久木町を含む7つの町が密集地の指定を受けたことから16年前に立ち上がった「滝頭・磯子まちづくり協議会」に力を注いだ。道路の拡幅や電柱の移動など、行政とともに取り組んだ。そこで感じたのは「自分たちが住む町は自分たちで考えていかなくてはいけない」との思い。協議会の会長として現在も活動中だ。

 ○…災害時に救護活動を行う赤十字奉仕団に56歳で入会。今では県の副委員長を務めるなど、85歳となる今でもボランティア活動に力を入れる。「体を動かし、考えることがボケの解消につながっている」と笑う。ボランティア活動こそが元気の源になっている。街づくりや奉仕活動を通して、形になることに大きな喜びを感じるとも。「体が動くうちは活動したいね」と笑った。

金沢区・磯子区版の人物風土記最新6

曽屋 剛和さん

曽屋動物病院の院長で「いそねこ協議会」の会長を務める

曽屋 剛和さん

磯子区杉田在住 57歳

11月14日号

門馬 勇一さん

富岡みどり会商店街の会長を務める

門馬 勇一さん

金沢区富岡西在住 70歳

11月7日号

田沼 広之さん

ラグビーワールドカップ2019のアンバサダーを務めるラグビー元日本代表の

田沼 広之さん

金沢区大川在住 46歳

10月31日号

田草川 竜都さん

RUN伴+三浦半島金沢区学生実行委員会の委員長を務める

田草川 竜都さん

金沢区在住 20歳

10月24日号

林原 泉さん

「もう一つの横浜 金沢八景史」を著した

林原 泉さん

金沢区柴町在住 86歳

10月17日号

奥脇 竜哉さん

ムエタイのラジャダムナンスタジアム認定王者となった

奥脇 竜哉さん

金沢区富岡東在住 19歳

10月10日号

北村 正(まさし)さん

9月5日付で金沢警察署の署長に就任した

北村 正(まさし)さん

金沢区在住 57歳

10月3日号

あっとほーむデスク

  • 10月31日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

  • 7月18日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月14日号

お問い合わせ

外部リンク