金沢区・磯子区版 掲載号:2018年8月30日号 エリアトップへ

金沢区災ボラ 「子どもにも防災力を」 プロジェクト立上げ講演会

社会

掲載号:2018年8月30日号

  • LINE
  • hatena
被災経験を話す小山さん(左)と齋藤さん=写真上=、小学生がクイズに答える一幕も=同下
被災経験を話す小山さん(左)と齋藤さん=写真上=、小学生がクイズに答える一幕も=同下

 金沢区災害ボランティアネットワーク(災ボラ)は今年4月、地域の小・中学生の防災力向上のための事業「てんでんこ金沢プロジェクト」を立ち上げた。8月22日は同プロジェクトの一環として、この活動をするきっかけとなった佐藤敏郎さんの講演や2人の「被災地の学生語り部」を迎えた「お話会」を開催した。

 「てんでんこ」とは「各自」のこと。津波がきたら各自ばらばらに一刻も早く高台に逃げて、自分の命を守れという標語となっている。

 区災ボラが改めてその重要性を感じたのは、昨年8月に行った佐藤さんの講演だった。佐藤さんは東日本大震災で宮城県石巻市の大川小学校に通っていた当時12歳の娘を亡くした。その後、「小さな命の意味を考える会」を主宰し、各地で講演などを行う。現在、同プロジェクトリーダーを務める服部誠さんはその講演で、「子どもたちも防災について真剣に学ぶ必要があると切に感じた」と振り返る。その後、横浜市が募集する地域をよりよくするための事業アイデアに応募。助成団体に採択され、今年4月に正式に「てんでんこ金沢プロジェクト」が始動した。

伝える方法を模索

 同プロジェクトは7月から8月にかけ、小学生の防災意識を育てる「防災遠足」や乳幼児と保護者を対象とした「おやこ防災デイキャンプ」、関東学院大学学生と協働で「防災ゲーム体験」を実施。どんな取り組みがどの世代に効果的かなど、ニーズを探ってきた。

 22日は佐藤さんの講演のほか、「被災地の学生語り部お話会」も。現在、宮城県東松島市に住み、語り部活動をする小山綾さん(19)と齋藤茉弥乃さん(同)が当時通っていた野蒜(のびる)小学校近辺の写真を交えながら、震災の記憶を話した。また、防災クイズで小・中学生とやりとりする一幕も。「年代の近い学生語り部の言葉は、子どもや学生たちにもスッと入っていたよう」と服部さんは話した。

 同プロジェクトは9月7日(金)午前10時から「家族を守る防災力UPセミナー」を横浜市立大学金沢八景キャンパスピオニーホールで開催する。講師はアウトドア防災ガイドのあんどうりすさん。参加費は1000円。定員は50組の親子。申し込みは【メール】tendenkokp@gmail.comへ。問い合わせは服部さん(【携帯電話】080・5095・5763)へ。

金沢区・磯子区版のトップニュース最新6

栗木神社に28段ひな飾り

栗木神社に28段ひな飾り 文化

地元住民が企画 350体展示

2月27日号

ウッドデッキを交流拠点に

富岡並木ふなだまり公園

ウッドデッキを交流拠点に 社会

まち普請事業 愛護会が管理

2月27日号

防災、福祉、子育て支援に重点

2020年度磯子区予算案

防災、福祉、子育て支援に重点 社会

自主企画事業に約9634万

2月20日号

協働広げ安心安全目指す

2020年度金沢区予算案

協働広げ安心安全目指す 社会

自主企画事業に約9895万円

2月20日号

「マカナ」が洋光台に開所

親と子のつどいの広場

「マカナ」が洋光台に開所 教育

育児サークルから発展

2月13日号

釜利谷で移動販売開始

セブンイレブン

釜利谷で移動販売開始 社会

買い物困難者を支援 

2月13日号

「交通安全マップ」全国入賞

汐見台小6年有志児童

「交通安全マップ」全国入賞 教育

立体的な制作が評価

2月6日号

あっとほーむデスク

  • 2月20日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 10月31日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

由緒ある雛人形を展示

由緒ある雛人形を展示

旧伊藤博文金沢別邸で

2月1日~3月3日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月27日号

お問い合わせ

外部リンク