金沢区・磯子区版 掲載号:2018年8月30日号 エリアトップへ

金沢区寺前在住の田島さん 糸で医療用衣類、紡ぐ ひきこもり経て「社会の役に」

社会

掲載号:2018年8月30日号

  • LINE
  • hatena
各人の希望に沿ったニットを製作
各人の希望に沿ったニットを製作

 「抗がん剤で抜けた頭を襟足まで隠す帽子」「リウマチで変形した手に合う手袋」「手術痕が見えないよう、のどを覆うエプロン」――。金沢区寺前在住の田島さん(57)は、こうしたニーズに対応するため医療用衣類をニットで手作りしている。団体名には大好きなうさぎをもじり、”猫の手”ならぬ「ラビッテ」と名付けた。希望の色や素材など注文がある場合は糸代(例/帽子は千円〜2千円)のみで制作している。



 もともと美術大学で染織デザインを専攻していた田島さん。卒業後は呉服店に就職し、歌舞伎役者の衣装デザインなどを担当した。「糸から離れたくない」と編み物も独学で創作。その姿を見た夫から「やるならちゃんと学校に行ってこい」と言われ、市ヶ谷にあるニットデザインの学校で4年間学んだ。そんな中、夫が白血病を発症。夫のために編んだ帽子が、初めての医療用衣類となった。看病の傍ら同室の患者に作ったり、女性病棟でニットを教えたが、夫は15年の闘病生活後に他界。田島さんはひきこもり状態になり創作から7年間、遠ざかることになる。

 「私には編むことしかできない」と改めて思えたのは、友人の妹が喉頭がんになったことがきっかけ。放射線治療でのどの皮膚が真っ黒になったため『外に出られない』という彼女に何かしたいと、気持ちよく外出できるよう、のどを覆うエプロンを作った。素材が手術痕にあたって痛いと言われれば、裏地にガーゼを当て、ボタンは留めにくいと言われればマジックテープに。「本人とやりとりして作りあげました」と笑顔を見せる。

 空白の7年間から復活して4年目。いまだ鬱を引きずっているというが、「私は糸を触っていれば嬉しいんです」とも。「治療中、後遺症、老若男女問いません。ご希望をお伺いしてお作りしますよ」と呼びかけた。
 

金沢区・磯子区版のローカルニュース最新6

地域貢献で食料寄付

横浜銀行9支店

地域貢献で食料寄付 社会

フードバンクかながわに

2月13日号

“ありがとう”メッセージを募集

磯子高・氷取沢高が統合

“ありがとう”メッセージを募集 教育

2月13日号

当事者・家族の体験共有

当事者・家族の体験共有 文化

精神保健福祉フォーラム

2月13日号

過去最小の水準に

2019年市内出火率

過去最小の水準に 社会

火災件数も減少傾向続く

2月13日号

こどもホスピスを支援

こどもホスピスを支援 教育

海の公園でラン&ウォーク

2月13日号

「結婚」身近に 実践セミナー

「結婚」身近に 実践セミナー 社会

横浜市主催 親向け講座も

2月13日号

「いただきます」に学ぶ

根岸小

「いただきます」に学ぶ 教育

料理人が命の授業

2月13日号

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 10月31日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

金沢シンフォニカの演奏会

金沢シンフォニカの演奏会

2月23日、金沢公会堂で

2月23日~2月23日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月13日号

お問い合わせ

外部リンク