金沢区・磯子区版 掲載号:2018年10月18日号 エリアトップへ

黄葉前に変色・落葉 各地の樹木、台風で塩害

社会

掲載号:2018年10月18日号

  • LINE
  • hatena
紅葉シーズンを前に落葉したイチョウ並木(金沢区柴町・10月11日撮影)
紅葉シーズンを前に落葉したイチョウ並木(金沢区柴町・10月11日撮影)

 横浜市内各地で、黄葉シーズンを前に樹木の葉が枯れたり、落ちたりする被害が広がっている。10月1日未明の台風24号による強風で巻き上げられた海水が葉に吹き付けられたためと見られる。

 例年であれば、黄金色のイチョウが道を彩る金沢区の並木から柴町へと続く道。だが、今年は葉が茶色く枯れ、すでに落葉している樹木が目立つ。

 原因とされるのは強風をともなって上陸した台風24号だ。関東でも最大瞬間風速45mを記録したその強風で海水が巻き上げられ、樹木に塩害をもたらしたと考えられる。金沢土木事務所によると、沿岸部だけでなく区内各所で塩害とみられる樹木が散見できたが、被害の全容は把握していないという。

 小高い丘の上に位置する岡村公園(磯子区)。テニスコート脇のイチョウは強風が吹きつけたとみられる側の葉が茶色に変色し枯れた。同公園の清水るみ所長は、「イチョウの黄葉を毎年楽しみにしている方は多いが、今年は期待できそうにない」と残念そうに話す。サクラや皇帝ダリアなどの落葉樹だけでなく、塩害に比較的強いとされる常緑樹も、台風の翌日から変色しチリチリになり始めたという。被害は公園内のおよそ3割とも。「これだけの規模の被害は珍しい。(塩分を洗い流す)葉水で予防できるレベルではなかった」と話す。

 市内の黄葉シーズンは10月下旬からだが、風下にあった樹木や遮蔽物で直接風があたらなかった樹木をのぞき、例年のような色を見るのは難しそうだ。来年、新しい葉に生え変われば、例年通りの黄葉が見られるという。

例年なら11月頃から色づくが…(昨年撮影)
例年なら11月頃から色づくが…(昨年撮影)

金沢区・磯子区版のトップニュース最新6

地元食文化の発信地に

金沢八景

地元食文化の発信地に 文化

「むべ庵」で初イベント

12月5日号

藤野さんに感謝状

磯子区丸山不審火

藤野さんに感謝状 社会

不審者追跡、情報提供に

12月5日号

六浦東にこどもホスピス

六浦東にこどもホスピス 社会

県内初 2021年、開設へ

11月28日号

脱プラへ 木製ストロー

横浜市

脱プラへ 木製ストロー 社会

自治体初、間伐材で独自開発

11月28日号

グリスロで交通課題解決へ

金沢区富岡西

グリスロで交通課題解決へ 社会

地元の声反映し、再実証

11月21日号

県内不足数、3万人超

看護職員

県内不足数、3万人超 社会

厚労省が2025年推計公表

11月21日号

内水氾濫に備え、下水強化

横浜市

内水氾濫に備え、下水強化 社会

多面的に対策推進

11月14日号

あっとほーむデスク

  • 10月31日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

  • 7月18日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

カナガワ国際児童画展

カナガワ国際児童画展

12月10日から区役所2階で

12月10日~12月15日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月5日号

お問い合わせ

外部リンク