金沢区・磯子区版 掲載号:2018年12月6日号 エリアトップへ

磯子火災予防協会の会長に就任した 浜田 登志男さん 磯子区磯子在勤 64歳

掲載号:2018年12月6日号

  • LINE
  • hatena

誠意、真心込め地域貢献を

 ○…11月30日の理事会で推薦され、磯子火災予防協会の会長に就任した。副会長から会員のまとめ役に。消防に関する研修を行い磯子から火災のない街を目指す。「消防署、消防団、企業と連携し微力ながらも磯子の安全、安心の街実現へ向け取り組んでいきたい」と意気込む。

 ○…生まれも育ちも磯子区。20代で不動産業(借地業)を営む父親の会社に。友人の勧めもあり、40歳でゼネコンの養生、引き渡しの清掃を手掛けるニックスサービスを起業した。ただ「最初の5年はうまくいかなかった」。そんな時でも、一つひとつの現場で「誠意と真心」を第一に仕事と向き合ってきた。丁寧な仕事で信頼を得て、スーパーゼネコンと言われる大企業と仕事をするまでに成長した。「スーパーゼネコンは、規則、ルール、マナーなどが本当に優れている。今でも勉強をさせて頂いています」

 ○…20年以上欠かさない日課が朝のトレーニング。7時30分ごろにロイヤルパークホテルのジムを訪れ、ストレッチや筋トレをしてからスーツに着替えて出社する。「ヨシッ。今日も頑張るぞとスイッチが入る」。経営者として忙しい時間を過ごす中でゴルフ、旅行がリフレッシュのひと時。旅行は国内外を訪れ「異文化に触れることで心が休まる」。健康診断も欠かさないことの一つ。「仕事、遊び、健康は、やっとけばよかったと後悔したくない」

 ○…約20年前に磯子ロータリークラブに入会。今年10月からは交通安全協会の副会長を務める。「磯子に生まれ、育ててもらったからには地域へ恩返ししなくては」との思いを常に抱く。地元磯子への愛着は人一倍だと自負する。火災予防協会の会長を引き受けたのもこの思いから。火災のない街を目指して活動する。

金沢区・磯子区版の人物風土記最新6

植地 宏美さん

「お母さん業界新聞 横浜版」の編集長を務める

植地 宏美さん

磯子区滝頭在住 43歳

2月20日号

坂倉 賢さん

一般社団法人横浜青年会議所の第69代理事長に就任した

坂倉 賢さん

磯子区在勤 37歳

2月13日号

熊王(くまおう) 孝弘さん

知的障害を持ち、「働きたい!私のシンポジウム」で講演をした

熊王(くまおう) 孝弘さん

金沢区在勤 21歳

2月6日号

渡邊 永望(えいみ)さん

渡邊 永望(えいみ)さん

全国学生英語プレゼンテーションコンテストでインプレッシブ賞を受賞した

1月30日号

溝口 早苗さん

洋光台地区社会福祉協議会の会長を務める

溝口 早苗さん

磯子区洋光台在住 68歳

1月23日号

遠見 幸蔵さん(芸名:ジーコ)

趣味の一環でパントマイムをはじめとする大道芸をする

遠見 幸蔵さん(芸名:ジーコ)

金沢区並木在住 69歳

1月16日号

服部 誠さん

1月13日に「てんでんこ競争」を初開催するてんでんこプロジェクトの代表を務める

服部 誠さん

金沢区洲崎町在住 43歳

1月9日号

あっとほーむデスク

  • 2月20日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 10月31日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

由緒ある雛人形を展示

由緒ある雛人形を展示

旧伊藤博文金沢別邸で

2月1日~3月3日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月20日号

お問い合わせ

外部リンク