金沢区・磯子区版 掲載号:2019年1月17日号 エリアトップへ

第17回全日本女子ボクシング選手権ジュニア・ライトウエルター級で優勝した 前田 ルナさん 金沢区富岡東在住 18歳

掲載号:2019年1月17日号

  • LINE
  • hatena

「自分から」の精神で

 ○…キックボクシングの選手だった父親の友人に憧れ、中学2年生でボクシングを始めた。好奇心からジムに通うも、基礎練習ばかりですぐに心が折れそうになった。しかし、ボコボコにされた人生初のスパーリングで「逆に火がついた」。誰よりも練習し積極的なスタイルを確立。今大会でも「前へ」を意識し「それが勝因かな」と振り返る。

 ○…「焼肉とアイスが好き」と食べ物の話になると一段と笑顔に。ただ、大会前は10kg以上減量することもあり「つらいけど頑張っている自分が好きなんです」。減量終わりには焼肉など1日4食を食べ、アイスを爆買いする。「試合後に美味しいものを食べることもモチベーション」と女子高生らしい一面を見せる。一方で「色々な人と知り合いになれることもボクシングの魅力」とも。初対面の選手に練習方法を聞く貪欲さも持つ。「全国に友人ができうれしい」

 ○…学校生活では、体育祭実行委員長を2年続けて務めた。「新しいことに挑戦することが好き」と、大玉転がしを新競技に提案。何事にも常に進化を目指す。小学生の時にハマった韓国ドラマの影響から、高校では韓国語を勉強。今では字幕なしでドラマを見るほどに。バイト先のスポーツショップでは韓国語や英語で接客した経験も。「色々な国の人とコミュケーションをとりたい」と中国語の習得にも励んでいる。

 ○…高校卒業を機にボクシングは引退する。夏休みに職業体験で自衛隊の仕事に触れ「身体を動かし、やりがいのある仕事に就きたい」との思いが芽生え4月からは自衛官の道へ。ボクシングを辞めることに寂しさを感じつつも「競技で培った精神力やコミュケーション能力を活かしたい」と前を見すえる。試合で見せた「自分から前へ」の精神で国を守る決意だ。
 

金沢区・磯子区版の人物風土記最新6

曽屋 剛和さん

曽屋動物病院の院長で「いそねこ協議会」の会長を務める

曽屋 剛和さん

磯子区杉田在住 57歳

11月14日号

門馬 勇一さん

富岡みどり会商店街の会長を務める

門馬 勇一さん

金沢区富岡西在住 70歳

11月7日号

田沼 広之さん

ラグビーワールドカップ2019のアンバサダーを務めるラグビー元日本代表の

田沼 広之さん

金沢区大川在住 46歳

10月31日号

田草川 竜都さん

RUN伴+三浦半島金沢区学生実行委員会の委員長を務める

田草川 竜都さん

金沢区在住 20歳

10月24日号

林原 泉さん

「もう一つの横浜 金沢八景史」を著した

林原 泉さん

金沢区柴町在住 86歳

10月17日号

奥脇 竜哉さん

ムエタイのラジャダムナンスタジアム認定王者となった

奥脇 竜哉さん

金沢区富岡東在住 19歳

10月10日号

北村 正(まさし)さん

9月5日付で金沢警察署の署長に就任した

北村 正(まさし)さん

金沢区在住 57歳

10月3日号

あっとほーむデスク

  • 10月31日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

  • 7月18日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月14日号

お問い合わせ

外部リンク