金沢区・磯子区版 掲載号:2019年1月31日号 エリアトップへ

横井さん室井さん 「緑十字金章」を受章 交通安全に尽力

社会

掲載号:2019年1月31日号

  • LINE
  • hatena

 交通安全活動に尽力した功労者を表彰する「交通安全国民運動中央大会」が1月17日に東京都で行われ、交通安全協会会長の横井正巳さん(77/金沢区)と室井烈さん(74/磯子区)が交通栄誉章「緑十字金章」を受章した。同章は、交通安全功労者に贈られる最高の栄誉章と言われており、両氏は「とても光栄」と喜びを話した。

 「緑十字金章」は、交通安全のために献身的な活動をした人たちに対し、警察庁長官と(一財)全日本交通安全協会会長の連名で表彰を行うもの。今年は全国で108人が受章し、神奈川県からは6人が選ばれた。

自転車乗車マナー向上へ

 横井さんは、1993年に金沢交通安全協会の常任理事に選任。2001年から2年間、07年から現在まで会長を務めている。「交通安全は区民全体の問題」とし、警察、区役所、関係団体の連携を強化してきた。特に自転車乗車のマナーアップを各方面に働きかけ、交通安全活動に力を注いできた。

 こうした活動が認められ、12年には交通栄誉章緑十字銀章、13年には総務大臣表彰を受けている。横井さんは「金沢区から1件でも悲惨な事故を減らせるようにこれからも尽力していきたい」と話した。

「継続は力なり」で活動

 室井さんは、1976年に磯子交通安全協会に入会。88年には交通指導員を委嘱され42年間、交通安全活動に取り組んできた。30代から交差点に立ち登校する児童の安全を見守る。「二輪車ヤングライダースクール」の講師として児童の自転車交通安全教室にも積極的に参加した。「事故を起こすのは人、それに巻き込まれるのも人。何事も過信してはいけない。心の緩みが悲惨な事故につながる」と意識してきたという。2018年からは磯子交通安全協会の会長に就き、協会全体をまとめる立場に。

 室井さんは「地域のために地道に活動してきたことがこのような形で評価されてうれしい。これからも『継続は力なり』との思いで交通安全に寄与していきたい」と話した。

金沢区・磯子区版のトップニュース最新6

緊急輸送路、34%整備済み

横浜市無電柱化

緊急輸送路、34%整備済み 社会

課題は高額整備費

10月17日号

建築新人戦で最優秀賞

関東学院大長橋さん

建築新人戦で最優秀賞 教育

変幻自在な住まいを提案

10月17日号

「55年経て、再び聖火を」

大道在住佐藤さん

「55年経て、再び聖火を」 社会

大病乗り越え走者目指す

10月10日号

治療と仕事の両立を支援

横浜市大付属病院

治療と仕事の両立を支援 社会

病気による離職を抑制

10月10日号

2校の「富岡中」が交流

2校の「富岡中」が交流 教育

地名縁に金沢区から福島へ

10月3日号

被災乗り越え開催へ

AozoraFactory

被災乗り越え開催へ 社会

「こんな時だから活気を」

10月3日号

有志ボランティアが活動

金沢区産業団地

有志ボランティアが活動 教育

市内外から 被災企業を支援

9月26日号

あっとほーむデスク

  • 8月15日0:00更新

  • 7月18日0:00更新

  • 6月20日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

洋光台でハロウィーン

洋光台でハロウィーン

仮装コンテストも

10月27日~10月27日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月17日号

お問い合わせ

外部リンク