金沢区・磯子区版 掲載号:2019年2月14日号
  • LINE
  • hatena

2月24日の座談会「旧杉田劇場の思ひ出」に登壇する 水野 直春さん 磯子区杉田在住 80歳

大好きな杉田のために

 ○…浜中学校2年生の時に学芸会で旧杉田劇場の舞台に立ち、歌舞伎・勧進帳の主役の一人、義経を演じた。「今でも少しセリフを覚えているかな」と懐かしむ。劇場の裏は海で、潮のにおいがした記憶は今でも頭の片隅に残る。「皆さんと一緒に当時の話をして思い出が蘇ってきたらうれしい」。24日の座談会を楽しみにしている。

 ○…杉田出身。実家は父親が営んでいたこんにゃく屋。金沢高校を卒業後、家業へ。父親とともにこんにゃく、しらたき、ちくわぶを製造し八百屋や乾物屋に卸していた。「八幡橋や横浜橋にはよく配達に行っていたよ」。ただ、スーパーやコンビニの台頭で「年々、商売は厳しくなっていった」。だが、父親が70歳まで店を手伝ってくれたこともあり、「自分もその年までは頑張ろう」と10年前の引退まで店を切り盛りした。「地域の方々に支えられた52年だった」と今でも感謝する。

 ○…映画鑑賞が好きで、20歳のころに雑誌「映画の友」の友の会に入会した。淀川長治とバス旅行で交流したことも。一緒に写る写真は今でもアルバムに大切に保管している。歌舞伎の観劇も趣味の一つ。幼少期に旧杉田劇場で見た歌舞伎が「少なからず影響しているのかな」とほほ笑む。2カ月に1度は歌舞伎座を訪れ「充実した日々を過ごしていますね」。

 ○…父親が杉田町西部町内会の会長を30年務めていたことから、自身も約10年副会長として活動している。一昨年に定年を迎えた民生委員は21年務め、地域活動に尽力してきた。現在は防犯パトロールや杉田小見守り隊で週1回通学路に立ち児童を見守る。「『おはようございます』とあいさつしてくれてうれしいですね」。大好きな杉田のためにこれからも貢献していくつもりだ。

金沢区・磯子区版の人物風土記最新6件

西 涼光さん

4月に開講したトレボルNIHONGO教室の教室長を務める

西 涼光さん

4月18日号

猪俣 宏幸さん

4月1日付で磯子区長に就任した

猪俣 宏幸さん

4月11日号

濱崎 徹さん

シーサイドライン金沢八景駅の駅務区長を務める

濱崎 徹さん

4月4日号

伊藤 知彦さん

3月7日に磯子区栄誉賞を受賞した

伊藤 知彦さん

3月28日号

斉田 芳之さん

全国青年・女性漁業者交流大会で農林水産大臣賞を受賞した

斉田 芳之さん

3月21日号

石塚 早苗さん

今年度からふみくらの仲間たち「称名寺薪能」実行委員会の代表を務める

石塚 早苗さん

3月14日号

金沢区・磯子区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 2月28日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年4月18日号

お問い合わせ

外部リンク