金沢区・磯子区版 掲載号:2019年3月28日号 エリアトップへ

県政報告 バリアフリーなまちづくりへの取り組み 神奈川県議会議員 あらい絹世

掲載号:2019年3月28日号

  • LINE
  • hatena

 県議会第1回定例会で県の2019年度当初予算案などが可決・承認されました。当初予算は私たちの生活に関係の深い一般会計が1兆8299億円、国保事業などの特別会計2兆0719億円、水道事業などの企業会計1136億円で3会計合わせ4兆0155億円となっており当初予算の合計額が初めて4兆円を超えた規模になっています。

 借金に当たる県債残高が5年連続で減っているとはいえ、2018年度末で3兆4486億円に上る厳しい財政状況です。今回は、骨格予算となっていますが、暮らしに直結する事業や継続事業の必要性について考慮し、一般会計は前年度とほぼ同じ規模となっています。

 一般会計で県は9つの重点事業を掲げています。「未病改善の取り組みや地域医療体制の整備」「障がい・高齢福祉施策の推進」「県内経済・産業の活性化」「行ってみたい神奈川の魅力づくり」「神奈川スマートエネルギー計画の推進」「安全で安心なまちづくり」「子ども・子育てへの支援」「ラグビーW杯、東京五輪・パラリンピック大会に向けた取り組み」「県立高校改革・県立教育施設整備や共生社会推進に向けた教育の推進」となっています。

音響式信号機の整備を

 新年度予算案を審議する予算委員会で私は、「安全で安心なまちづくり」に関して、ともに生きる社会かながわの実現に向けた取り組みを進めている神奈川県として、障がい者が地域で安心して暮らせるために音響式信号機の整備をはじめバリアフリーのまちづくりを進めることが重要であることから、どのように取り組んでいくのかを質問しました。

 音響式信号機の整備をはじめバリアフリーのまちづくりを進めることは、障がい者の社会参加を促進することであり、ともに生きる社会の実現でもあると考えます。2020年の東京五輪・パラリンピックに向け、スピード感をもって、障がいのある方も地域で安全で安心して暮らせる取り組みを進めることを要望しました。

あらい絹世事務所

横浜市磯子区丸山 2-24-3

TEL:045-751-5250
FAX:045-751-7600

http://www.araikinuyo.jp/

金沢区・磯子区版の意見広告・議会報告最新6

感染症対策と経済の両輪を

ウィズコロナ 県政報告【5】

感染症対策と経済の両輪を

金沢区 県議会議員 大村悠

10月15日号

9月23日の一般質問について

県政報告

9月23日の一般質問について

神奈川県議会議員 あらい絹世

10月8日号

新たな日常への挑戦

アフターコロナ社会を生き抜く 意見広告

新たな日常への挑戦

横浜市会議員 山本たかし

9月24日号

議会運営委員会委員に抜擢

県政報告

議会運営委員会委員に抜擢

神奈川県議会議員 市川さとし

8月6日号

学校のコロナ対策を推進

県政報告【4】

学校のコロナ対策を推進

金沢区 県議会議員 大村悠

7月16日号

成長へV字回復!

ピンチをチャンスに新たな都市づくり 意見広告

成長へV字回復!

横浜市会議員 山本たかし

6月25日号

あっとほーむデスク

  • 11月19日0:00更新

  • 11月12日0:00更新

  • 9月17日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月19日号

お問い合わせ

外部リンク