金沢区・磯子区版 掲載号:2019年6月20日号 エリアトップへ

6月1日付で金沢区佛教会の会長に就任した 菊地 茂雄さん 金沢区釜利谷東在住 58歳

掲載号:2019年6月20日号

  • LINE
  • hatena

失敗糧に進む仏の道

 ○…「先輩と同じことができるとはとても思えない。それでも精一杯務めて次の世代につなげられれば」と控えめに重責への意気込みを話す。29寺が所属する金沢区佛教会は、他区と比べて宗派を超えて、繋がりが強い。「同じお釈迦様を信じるということと、地域を良くしたいという思いを共有しているからだと思う」

 ○…神奈川区の寺院の住職だった叔父を持つ。大学では国文学を専攻。東京までの通学時、朝はバリッと臨戦態勢の社会人が、下り列車でくたくたになっている姿を見ていた。「東京に何があるんだろう」。そんな疑問を持ちつつ、手伝いで叔父の寺に行くと、温かい雰囲気で供養する家族の姿が。「寺には心が和やかになるものがあるのかも…」。そして卒業後、福井県永平寺に上山する。

 ○…「首から上は使うな」と言われ、体で覚えることを徹底された4年半の修行時代。「とても貴重な時間だった。少し普通の人間になれたような」。僧侶になりたての頃は、迷いの連続だった。「おやじ、どこいっちゃったんでしょう…」。そんな檀家の問いに言葉を失くしたことは数しれず。喪主に寄り添いすぎて落ち込み、逆に慰められたこともある。考えて失敗してまた考えて――。「修行が終わって完成ではない。檀信徒に教えられ、だんだんとお坊さんになっていくんです」と周囲への感謝を口にする。

 ○…息抜きはソフトビニール製の怪獣コレクション。「見るとほっとするんです」と照れ笑い。優しい気持ちになれる児童文学も近年のお気に入りだ。「世の中にはギリギリで生きている人が多くいる。そんな人を未来につなげる手伝いができれば」と真っ直ぐに話す。「寺が広いのは人が集まることができるため」。その役割を全うするための環境作りを目指す。

金沢区・磯子区版の人物風土記最新6

遠見 幸蔵さん(芸名:ジーコ)

趣味の一環でパントマイムをはじめとする大道芸をする

遠見 幸蔵さん(芸名:ジーコ)

金沢区並木在住 69歳

1月16日号

服部 誠さん

1月13日に「てんでんこ競争」を初開催するてんでんこプロジェクトの代表を務める

服部 誠さん

金沢区洲崎町在住 43歳

1月9日号

田渡 凌さん

男子プロバスケ「横浜ビー・コルセアーズ」のキャプテンを務める

田渡 凌さん

横浜市在住 26歳

1月1日号

武藤 隆夫さん

横浜市電保存館の館長を務める

武藤 隆夫さん

磯子区滝頭勤務 50歳

12月12日号

佐藤 清江さん

磯子区で「植物を学ぶさ・ん・ぽ」等の講座を持つ

佐藤 清江さん

磯子区磯子在住 75歳

12月5日号

鈴木 恭一さん

大道ふれあいむかし資料館で所有するクラシックカメラとその作品を展示する

鈴木 恭一さん

金沢区柳町在住 69歳

11月28日号

大隅 麻奈未さん

メゾ・ソプラノのソリストとして活躍する

大隅 麻奈未さん

金沢区富岡東在住 45歳

11月21日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 10月31日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月16日号

お問い合わせ

外部リンク