金沢区・磯子区版 掲載号:2019年6月27日号 エリアトップへ

金沢消防署ら5機関 多数負傷者想定し訓練 国際イベント控え連携確認

社会

掲載号:2019年6月27日号

  • LINE
  • hatena

 金沢消防署は、京浜急行バスなどと5機関合同で、集団救急事故対応訓練を6月19日、関東学院大学金沢文庫キャンパスで行った。運行中のバスが車両事故に遭い、多数の負傷者が発生したと想定。国際イベントの開催を控え、各機関との連携を確認した。

 今回の訓練は、9月のラグビーW杯や来年に迫った東京五輪・パラリンピックなど国際的な大規模イベントを控え、多数の負傷者が発生した際の対応を確認しようと実施。金沢消防署のほか、関東学院大学、京浜急行バス、横浜南共済病院(救急医療チーム)、釜利谷連合町内会が参加した。

 訓練では、運行中のバスに車両が衝突し多数の負傷者が発生したと想定。乗客役を務めた釜利谷連合町内会の会員が、駆け付けた救急隊に救助され、負傷状況によって治療の優先度を決めるトリアージが行われた=写真。さらに、横浜南共済病院の救急医療チーム(YMAT)との連携も確認された。消防指揮本部による災害状況把握や負傷者管理なども行われた。

相次ぐ事故うけ

 6月に入り、横浜市内では、シーサイドラインの逆走や横浜市営地下鉄の脱線など事故が相次いで発生している。こうした状況もあり、参加した職員らは大きな声を出し指示をするなどし、訓練会場は緊張感に包まれていた。金沢消防署の伊藤賢司署長は「このような訓練は繰り返し行う必要がある。継続して行っていきた」と話した。

 初めてトリアージを体験したという釜利谷連合町内会の関ヶ谷自治会・原俊夫副会長は「実際に事故が発生したらもっとパニックになると思うが、対応などの一連の流れを体験できたことは少なからず安心につながる。参加できてよかった」と感想を話した。

金沢区・磯子区版のトップニュース最新6

運営費等の確保が課題

横浜こどもホスピス

運営費等の確保が課題 社会

横浜銀行が1千万円寄付

12月3日号

60年の歴史に幕

杉田ゴルフ場

60年の歴史に幕 経済

テニスコートも来春営業終了

12月3日号

ピーク時の5分の1に

喫煙禁止地区過料処分

ピーク時の5分の1に 社会

マナー向上は依然課題

11月26日号

安否確認バンダナ全戸配布

磯子区

安否確認バンダナ全戸配布 社会

災害時「無事です」周知に

11月26日号

横浜紅谷と和菓子開発

能見台小5年1組

横浜紅谷と和菓子開発 社会

完成に向け、試食会

11月19日号

ゾウの飼育環境改善が評価

金沢動物園

ゾウの飼育環境改善が評価 文化

「エンリッチメント」敢闘賞に

11月19日号

あっとほーむデスク

  • 11月19日0:00更新

  • 11月12日0:00更新

  • 9月17日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年12月3日号

お問い合わせ

外部リンク