金沢区・磯子区版 掲載号:2019年7月4日号 エリアトップへ

バドミントン社会人選手権 金沢区ペアが全国優勝 35歳以上男子の部で

スポーツ

掲載号:2019年7月4日号

  • LINE
  • hatena
優勝した熊倉さん(左)・宮下さん(右)
優勝した熊倉さん(左)・宮下さん(右)

 6月15日から3日間にわたり仙台で行われた「第12回全国社会人クラブバドミントン選手権大会」の35歳以上男子の部ダブルスで、金沢区六浦在住の宮下英之さん(36)と同六浦南在住の熊倉佑さん(35)ペアが初優勝を果たした。さらに、熊倉さんは男女混合ダブルス合算60歳以上の部でも優勝し二冠を達成した。

 これは公益財団法人日本バドミントン協会と日本社会人クラブバドミントン連盟が主催する全国大会。宮下さんと熊倉さんが優勝した35歳以上男子の部ダブルスには全国から16組がエントリーした。

 決勝戦の相手は、同じく社会人バドミントンの大会である「全日本シニアバドミントン選手権大会」の優勝経験もある強豪ペア。宮下さんは「背が高くスマッシュも強い相手の勢いに負け、当初は守りに入ってしまった」と序盤を振り返る。結果、1セット目は14―21という大差で落としてしまう。

 「ここまで来たらミスを恐れず攻め込もう」。気持ちを切り替え、挑んだ2セット目。熊倉さんの持ち味である力強いアタック力で果敢に攻め込み、接戦に。21―16、21―16と連取し逆転で勝利をつかんだ。「(バドミントンは)その場の状況によって実力差を覆せる競技。勝因は気持ち」と試合を振り返った。

 2人の体力作りも功を奏した。バドミントンは運動量が激しく、試合終盤に足をつってしまう選手も少なくない。体力が続かず悔しい思いをした経験を持つ宮下さんは、周囲も驚く量のトレーニングをこなす。熊倉さんも今大会に合わせランニングを始めた。「新たな練習が自信になり結果に繋がった」と分析する。

目指すは二冠

 宮下さんは地元・横浜高校に通っていた頃から実力者として有名だったという。そんな宮下さんに熊倉さんが声をかけ、6年ほど前にペアを結成した。熊倉さんは「話してみたら気が合った。強い人と組むとモチベーションも上がるから」と話す。異なる社会人クラブチームに所属するため、普段の練習は別々に行うが、試合前は、互いに時間を合わせ追浜の体育館で汗を流す。

 現在、2人は山梨県で7月20日(土)・21日(日)に開催される「関東シニアバトミントン選手権大会」に向け調整を重ねる。宮下さんは「気持ちで負けない試合で、このままの勢いに乗って二冠を狙いたい」と意気込んだ。
 

金沢区・磯子区版のトップニュース最新6

「マリラジ」配信開始

ママ夢ラジオ

「マリラジ」配信開始 社会

地元ママが情報発信

5月7日号

IC化で利用実態把握へ

横浜市敬老パス

IC化で利用実態把握へ 社会

制度適正化へ一歩

5月7日号

文部科学大臣表彰を受賞

金沢図書館

文部科学大臣表彰を受賞 教育

子どもの読書活動の推進で

4月29日号

端末27万台、運用開始へ

GIGAスクール

端末27万台、運用開始へ 教育

学校現場ICT化へ一歩

4月29日号

開始注文率20%に

横浜市給食

開始注文率20%に 教育

ハマ弁から移行で倍増

4月22日号

モデルルーム 交流拠点に

京浜急行電鉄

モデルルーム 交流拠点に 社会

金沢区に「よりみちガーデン」

4月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月7日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter