金沢区・磯子区版 掲載号:2019年7月11日号 エリアトップへ

手足口病に流行警報発令 各区内でも患者が急増

社会

掲載号:2019年7月11日号

  • LINE
  • hatena

 乳幼児を中心に、口の中や手足に水泡をともなった発疹がでる「手足口病」が全国的に流行している。7月4日には、第26週(6月24日〜30日)の定点あたりの手足口病の患者報告数が横浜市全体で6・84人となり、流行警報が発令された。例年同時期の報告数を大きく上回り推移している。

 磯子区の定点あたりの平均患者数は25週で1・50人だったが、26週に入り5・25人に増加。金沢区も1・20人(25週)から4・60人(26週)に増え、今後さらなる拡大が予想される。市担当者は「手足口病は7月が発症のピーク。今後、増加するとみられるので、こまめな手洗いなど予防を徹底してほしい」と注意を呼びかける。

9割以上が5歳以下

 感染症である手足口病の潜伏期間は3日から5日間。乳幼児や子どもに多く見られ、直近5週間では5歳以下が全体の92・4%を占める。

 症状は軽い発熱と食欲不振、気分不快で始まり、しばしばのどの痛みを伴う。発熱から1、2日で口の中や手足などに水ぶくれができる。

手洗いの徹底を

 特別な治療は必要としないが口内の発疹が痛みを伴い、水分や食事を摂ることが困難になった場合は、脱水症状への注意が必要だ。また、発熱の多くは38℃以下で、1週間程度で自然に治るが、ごくまれに髄膜炎や急性脳症を合併する場合も。「高熱が出る」「嘔吐する」「頭を痛がる」「視線が合わない」「呼びかけに答えない」「水分が取れずおしっこがでない」などの症状がある場合は受診が望ましい。

 感染経路は飛沫や接触、糞便など。「まずは患者もその周りの人も手洗いの徹底が大切。特に、おむつを替えた後はよく手を洗い、おむつを適切に処理してください」とアドバイスする。

金沢区・磯子区版のローカルニュース最新6

海の公園で花植えを

海の公園で花植えを 社会

5月9日、ボランティア募集

5月7日号

認知機能検査の受入拡充

県運転免許センター

認知機能検査の受入拡充 社会

高齢ドライバー増加受け

5月7日号

SOS47が金沢署を訪問

伍代さん武藤さん

SOS47が金沢署を訪問 社会

特殊詐欺被害の防止を訴え

5月7日号

アフリカの現代アート

アフリカの現代アート 文化

日本大通りで原画展

5月7日号

ダンスを動画で披露

幼稚園教諭・保育士の魅力発信 横浜幼保プロジェクト

ダンスを動画で披露 教育

5月7日号

「応援サポーター」に中澤さん

不動産会社ウスイグループ

「応援サポーター」に中澤さん 経済

5月7日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月7日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter