金沢区・磯子区版 掲載号:2019年7月11日号 エリアトップへ

フィールドは地域へ 関東学大サッカー部の”貢献課長”

社会

掲載号:2019年7月11日号

  • LINE
  • hatena
七夕を飾る小池さん(左)
七夕を飾る小池さん(左)

 6月30日に能見台駅前で行われた七夕祭り。サッカーのユニフォームの上に揃いのはんてんを羽織り、七夕飾りや巨大流しそうめんの準備をする学生の姿があった。

 中心となって動いていたのは関東学院大学体育部連合会サッカー部の小池駿さん(4年)。名刺の肩書には「副主将」に並び「地域貢献課長」の文字があった。同部は今年4月、「活動の幅を広げよう」と地域貢献課を立ち上げ、8人のメンバーで活動する。

     ◇

 同部は関東大学リーグの2部に所属。小池さんは、強い上に地域貢献にも力を入れている他大学の部と比べ、「活動の狭さ」を常々感じていた。

 プロ選手を目指し、サッカー一筋に打ち込んできた小池さん個人にも3年の夏、変化が。サッカーの実力不足を実感し、就職しようと決めた。「人生で一番つらくて。サッカーをやる意味が分からなくなった」。練習もおざなりに。監督の「今のお前、カッコ悪いぞ」という言葉が胸に刺さった。

行動する大切さ学ぶ

 「チームと個人の価値を高めるため、地域貢献で活動の幅を広げよう」。考えた末、薩川淳貴主将に相談すると「いいね、やりたいね」の返事。監督も背中を押してくれた。今年春からミーティングで何が出来るかを話し合い、清掃活動など「出来ること」から活動を開始。様々な場で「地域貢献がしたい」と発言していると、能見台七夕祭りの実行委員と知り合い、手伝うことになった。「行動すると、進んでいく。実行することの大切さを知った」と小池さん。「狭かった世界が広がっていくのを感じる」と感慨深げに話す。

 次は「保育園などでサッカーの楽しさを伝えたい」と目を輝かせる小池さん。1年続けて実績を残し、後輩につなげたいとも。サッカーに地域貢献に多忙な日々をおくるが、「やりたいことをやっていると疲れないですね」と笑顔を見せた。
 

金沢区・磯子区版のローカルニュース最新6

金沢の中小企業を巡る

金沢の中小企業を巡る 経済

 学生ら47人が参加

2月27日号

金沢自然公園に黄色の絨毯

金沢自然公園に黄色の絨毯 文化

菜の花見ごろ 3月上旬まで

2月27日号

岡村公園テーマの俳句募集

岡村公園テーマの俳句募集 文化

70周年記念しコンクール

2月27日号

村治佳織リサイタル

村治佳織リサイタル 文化

タウンニュースホール

2月27日号

科学への興味を育む

洋光台サイエンスクラブ

科学への興味を育む 教育

小・中・高の会員募集

2月27日号

窓口相談会延期のお知らせ

意識調査結果を公表

金沢区

意識調査結果を公表 経済

区に愛着、7割以上

2月27日号

あっとほーむデスク

  • 2月20日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 10月31日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

由緒ある雛人形を展示

由緒ある雛人形を展示

旧伊藤博文金沢別邸で

2月1日~3月3日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月27日号

お問い合わせ

外部リンク