金沢区・磯子区版 掲載号:2019年8月15日号 エリアトップへ

7月から金沢区歯科医師会の会長を務める 加藤 崇さん 金沢区町屋町在勤 56歳

掲載号:2019年8月15日号

  • LINE
  • hatena

「出前歯医者」の一歩先へ

 ○…「歯科医師会を手伝ってくれないか」といわれ18年、理事として会に携ってきた。関係した部署は地域医療や広報、学術など多岐にわたる。会長は「いずれやらなければならないだろう」と思っていた役職だ。「大学のヨット部でも医局でも主将やまとめ役だったので、苦ではない」と控えめに話す。

 ○…父は内科医。小さいころからプラモデルや鉄道模型など、手先を使い細かい物を作るのが好きだった。「歯科医になったのは、その延長かな」。入れ歯やかぶせ物など、細かい作業が少なくないため、「その点では向いているんでしょうね」。福島県の奥羽大学を卒業後は院に進み、大学に残って補綴科の教員となった。開業した今も月1回、新幹線で講義に行く。歯科医のやりがいを「モノとなって残ること」と話す。「歯の治療は結果が見える。患者が喜んでくれると、嬉しいと思う」

 ○…趣味は旅行。大学時代に旅行業務取扱主任者(当時)の資格をとり、医院の名前を「つばさ歯科」とした。「マイルを貯めて、いろいろな国に妻と行くのが好きです」。先日訪れたポーランドではアウシュビッツ収容所を訪れた。「衝撃だった。医療に携わる人間としては何とも言えない感情が沸いてきた」。「現地の文化などは実際に行かないと分からない。足腰がしっかりしているうちは見聞を深めたい」と好奇心をのぞかせる。

 ○…三師会で長年、訪問歯科診療の責任者を務めてきた。「出前歯医者のような診療は浸透してきた。これからはさらに高度な訪問診療に着手したい」。例えば摂食・嚥下障害の治療や障害児の口腔ケア。命に直接かかわらない歯科医療は二の次になりがちだからこそ、「今までケアが行き届いてなかった部分に目を向けていきたい」と話した。

金沢区・磯子区版の人物風土記最新6

溝口 早苗さん

洋光台地区社会福祉協議会の会長を務める

溝口 早苗さん

磯子区洋光台在住 68歳

1月23日号

遠見 幸蔵さん(芸名:ジーコ)

趣味の一環でパントマイムをはじめとする大道芸をする

遠見 幸蔵さん(芸名:ジーコ)

金沢区並木在住 69歳

1月16日号

服部 誠さん

1月13日に「てんでんこ競争」を初開催するてんでんこプロジェクトの代表を務める

服部 誠さん

金沢区洲崎町在住 43歳

1月9日号

田渡 凌さん

男子プロバスケ「横浜ビー・コルセアーズ」のキャプテンを務める

田渡 凌さん

横浜市在住 26歳

1月1日号

武藤 隆夫さん

横浜市電保存館の館長を務める

武藤 隆夫さん

磯子区滝頭勤務 50歳

12月12日号

佐藤 清江さん

磯子区で「植物を学ぶさ・ん・ぽ」等の講座を持つ

佐藤 清江さん

磯子区磯子在住 75歳

12月5日号

鈴木 恭一さん

大道ふれあいむかし資料館で所有するクラシックカメラとその作品を展示する

鈴木 恭一さん

金沢区柳町在住 69歳

11月28日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 10月31日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

おやじバンドの競演

おやじバンドの競演

2月8日、金沢公会堂で

2月8日~2月8日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月23日号

お問い合わせ

外部リンク