金沢区・磯子区版 掲載号:2019年8月15日号 エリアトップへ

あおぞら谷津保育園 園児の千羽づる、長崎へ 保育士が毎年、原水禁大会に参加

社会

掲載号:2019年8月15日号

  • LINE
  • hatena
三堀さん(左)から千羽づるを受け取る荒武さん
三堀さん(左)から千羽づるを受け取る荒武さん

 あおぞら谷津保育園(金沢区谷津町)など計4園を運営する社会福祉法人あおぞらは、8月に広島や長崎で行われる原水爆禁止世界大会に毎年、保育士を派遣している。同大会では数日にわたり総会や交流会、分科会などが行われ、核兵器のない世界を目指す。派遣は15年以上続けており、保育士はそこで聞いた話や体験を、園児や保護者に伝え、平和について考える機会を提供している。

平和あっての「あおぞら」

 今年は同園の荒武美保さん(41)ら3人が8月7日から9日まで長崎へ行った。出発前の1日、4・5歳児を前に平和や戦争について話す時間を設けた。3年前に同大会に出席した三堀華さん(42)が「平和ってどんなこと?」と問いかけると園児からは「やさしくすること」「戦争がないこと」などの意見が。続いて広島に原爆が落ちた8月6日のことを描いた絵本なども読み聞かせた。

 最後に、児童が折った千羽づると平和への願いが書かれたタペストリーが荒武さんに託された。荒武さんが「みんなの思いを伝え、帰ってきたら見て聞いてきたことを話します」というと、園児は声をそろえて「お願いします」と返した。

 三堀さんは「初めて原爆ドームを間近で見た衝撃は忘れられない。語り部さんから実際に当時の話を聞くことで、絶対に語り伝えていかなければいけないと強く思った」と大会を振り返る。「(子どもにとって)怖い話かもしれないが、実際にあった事実は事実として伝えていかなければ」という使命感を持つ同園。「平和があってこそ、豊かな保育ができる」と話した。

金沢区・磯子区版のローカルニュース最新6

歴史に消えた存在伝える

歴史に消えた存在伝える 文化

山崎洋子さん著書を語る

8月15日号

地域と共に歩む

区内奉仕団体 今年度の新会長インタビュー【2】

地域と共に歩む 社会

8月15日号

長い鼻でスイカをキャッチ

金沢動物園

長い鼻でスイカをキャッチ 社会

 インドゾウの「ボン」と「ヨーコ」

8月15日号

ハマスタでドッジしよう

ハマスタでドッジしよう スポーツ

参加小学生チームを募集

8月15日号

W杯前に気運盛り上げ

ラグビー

W杯前に気運盛り上げ スポーツ

PVで選手がトークショー

8月15日号

理・美容師 仕事語る

理・美容師 仕事語る 教育

20日、児童・生徒向け催し

8月15日号

0歳からのコンサート

磯子公会堂

0歳からのコンサート 教育

9月8日 磯子公会堂

8月15日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月15日0:00更新

  • 7月18日0:00更新

  • 6月20日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

0歳からのコンサート

磯子公会堂

0歳からのコンサート

9月8日 磯子公会堂

9月8日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年8月15日号

お問い合わせ

外部リンク