金沢区・磯子区版 掲載号:2019年10月10日号 エリアトップへ

大道在住佐藤さん 「55年経て、再び聖火を」 大病乗り越え走者目指す

社会

掲載号:2019年10月10日号

  • LINE
  • hatena
試走会(左)と本番の写真を見せくれた佐藤さん
試走会(左)と本番の写真を見せくれた佐藤さん

 55年前の1964年の今日10月10日、東京オリンピックは開幕した。来年の東京2020を前に、当時聖火リレーに副走者として参加した佐藤邦彦さん(72)に話を聞いた。

 当時、金沢高校(瀬戸)の2年生だった佐藤さんは、バスケットボール部に所属。「学校に部活の生徒を走者として出してくれという依頼がきたようだった」と振り返る。佐藤さんが保管していた正走者や伴走者の名簿には、15歳〜20歳の若者が名を連ねる。

 佐藤さんの担当は横浜市第1区。横須賀市を通ってきた聖火を追浜共済病院前(現南共済病院)で受け取り、当時町屋にあった金沢区役所前まで走る約2・2Kmのコースだった。誰が正走者になるか分からない中、本番の約4か月前に行われた試走会では、トーチを持ち正走者として走った。当時のトーチの燃料はカーバイド。「ものすごい煙だった。煙や炎が顔にあたらないように、横に持ちました。耳のそばでゴォーっという音がしていたのを覚えています」

 本番当日の10月7日は、聖火を持って走る正走者のすぐ後ろにつけ、不測の事態が起こった場合に代役を務める副走者として走った。「無事に走れたらと思っていた」と述懐する。

 佐藤さんは2016年に心臓大動脈弁置換手術、今年4月に食道がんのステージIIと診断され翌5月に食道全摘手術を受けた。胃の一部も切除し、体重は11kg減。今は杖を使って歩く。

 そんな中、来年の五輪に向け神奈川県が聖火ランナーを募集しているのを知った。「身体障がい者1級でも”まだまだ頑張れるぞ”というメッセージを同じような病気と闘っている人たちに届けたい」。そんな思いで応募した。発表は12月。倍率は約165倍の狭き門だ。「年内はリハビリのつもり。できる限り筋力をつけないと」。気持ちは常に前向きに──。2大会連続の参加を目指す。
 

葬儀相談・見学会開催

意外と知らない葬儀のあれこれ、京急メモリアルに相談してみませんか

https://www.keikyu-memorial.com/hall/kanazawabunko/index.html

宅建市民セミナー杉良太郎講演会

11月14日関内ホール 参加費無料 事前申込制1000人

https://www.kanagawa-takken.or.jp/chiiki/index.html

<PR>

金沢区・磯子区版のトップニュース最新6

緊急輸送路、34%整備済み

横浜市無電柱化

緊急輸送路、34%整備済み 社会

課題は高額整備費

10月17日号

建築新人戦で最優秀賞

関東学院大長橋さん

建築新人戦で最優秀賞 教育

変幻自在な住まいを提案

10月17日号

治療と仕事の両立を支援

横浜市大付属病院

治療と仕事の両立を支援 社会

病気による離職を抑制

10月10日号

2校の「富岡中」が交流

2校の「富岡中」が交流 教育

地名縁に金沢区から福島へ

10月3日号

被災乗り越え開催へ

AozoraFactory

被災乗り越え開催へ 社会

「こんな時だから活気を」

10月3日号

有志ボランティアが活動

金沢区産業団地

有志ボランティアが活動 教育

市内外から 被災企業を支援

9月26日号

本まぐろ直売所 秋の謝恩大特売

10月11日~14日まで「まぐろの日」にちなんだ限定商品を大放出!

https://www.yokosuka-honmaguro.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 8月15日0:00更新

  • 7月18日0:00更新

  • 6月20日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

洋光台でハロウィーン

洋光台でハロウィーン

仮装コンテストも

10月27日~10月27日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月17日号

お問い合わせ

外部リンク