金沢区・磯子区版 掲載号:2019年12月12日号 エリアトップへ

ソフトボール横浜マリーンズ 復活の市大会準優勝 23年ぶりの決勝進出

スポーツ

掲載号:2019年12月12日号

  • LINE
  • hatena
横浜マリーンズのメンバー
横浜マリーンズのメンバー

 11月17日に決勝戦が行われた59歳以上の選手が出場する横浜市民マスターズスポーツ大会「シニアソフトボール大会」で、金沢区の横浜マリーンズが準優勝を果たした。同チームの決勝進出は第6回大会の優勝以来23年ぶり。平均年齢72歳のチームが復活した。

 29回目の今大会は横浜市内から18チームが参加。横浜マリーンズは決勝までの4試合を接戦で勝ち上がった。「ピッチャーが安定し打力がアップしたことが準優勝につながった」と田野英夫監督(73)は話す。

 チームは1991年に「金沢マリーンズ」として創部。93年の第3回大会で初優勝。94年に現在名に改名し、96年には2回目の優勝を果たした。

 ただ、この優勝を境にチームは高齢化による低迷期に。55歳の時に入部したという田野監督は「他チームは平均年齢60歳前半のところもある。うちはどんどん上がってしまい、力の差が出てきててしまった」と話す。

 そんなチーム状況に変化の兆しが表れたのが3年ほど前。60代前半の若い選手が次々と入部した。現在は61歳から87歳の「平均年齢72歳」の39

人が活動。金沢区を中心に磯子区や横須賀市在住の選手も所属する。今大会では、15人の選抜メンバーを結成し大会を勝ち進んだ。目標は身体を動かし、健康を維持すること。しかし、田野監督は「来年はテッペン(優勝)を目指したい」と結果にこだわるつもりだ。

金沢区・磯子区版のトップニュース最新6

外食大手がこども食堂開設

外食大手がこども食堂開設 社会

年中無休、金沢区富岡で

6月17日号

コロナで販路減り苦境に

横浜市内障害者施設

コロナで販路減り苦境に 社会

仲介組織が下支え

6月17日号

水道料金値上げへ

横浜市

水道料金値上げへ 社会

7月利用分から1割増

6月10日号

女子団体が初の全国へ

横浜高将棋

女子団体が初の全国へ 文化

総合文化祭県予選で優勝

6月10日号

特例貸付 5.8万件に

特例貸付 5.8万件に 社会

コロナ禍 市内の申請増加

6月3日号

全国大会で2連覇

創学館高チアダンス

全国大会で2連覇 スポーツ

先輩の思い継いで

6月3日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 三本の矢で太く強く

    結束し政策を推進いたします! 意見広告

    三本の矢で太く強く

    自民党金沢区支部 横浜市会議員/黒川まさる

    6月10日号

  • 三本の矢で太く強く

    結束し政策を推進いたします! 意見広告

    三本の矢で太く強く

    自民党金沢区支部 横浜市会議員/高橋のりみ

    6月10日号

  • 三本の矢で太く強く

    結束し政策を推進いたします! 意見広告

    三本の矢で太く強く

    自民党金沢区支部 神奈川県議会議員/大村悠

    6月10日号

あっとほーむデスク

  • 6月10日0:00更新

  • 5月7日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter