金沢区・磯子区版 掲載号:2020年2月6日号 エリアトップへ

知的障害を持ち、「働きたい!私のシンポジウム」で講演をした 熊王(くまおう) 孝弘さん 金沢区在勤 21歳

掲載号:2020年2月6日号

  • LINE
  • hatena

できることは何でも挑戦

 ○…生まれつき知的障害を抱え、漢字の読み書き、難しい言葉の理解など勉強全般が苦手だ。しかし、自立したい思いが強く、養護学校を卒業し磯子区の施設で2年間就労移行支援を受けた。挨拶など社会人マナーを座学で、併設するホテルのリネンを扱うクリーニング工場で実技を学んだ。現場で実際に目で見て覚えるほうが得意だったという。「工場は暑くて大変だったが、周りも頑張っているので一生懸命にやった。働くことの楽しさや大変さを知った」

 ○…現在は金沢区の介護老人保健施設で働く。主な仕事はシーツ交換。「希望していた職種ではなかったが、就労移行支援施設の所長に手先が器用なので向いてると勧められた」。人と話すのが好きなので仕事は大変だが楽しいという。勤め始めて1年が過ぎ、今は配膳やドライヤーとできることも増えた。「自分も障害があるので高齢の方の不自由さも分かる。自分だから出来る介護があると思う」と話す。目標は介護資格の取得。「本を読むのは難しいので動画で勉強している。やれることを増やしたい」

 ○…約2年半前からグループホームで暮らし、身の回りのことは自分で行う。「料理もする。馴染みのラーメン屋さんに教えてもらい、その店の味を再現したりします」。趣味はソフトボール。「学生時代は野球部で投手。色々な選手の投げ方を研究していた」。今も職場のソフトボール大会に出場したり、障害を持つ友人とチームを組み活動する。

 ○…「今は仕事もプライベートも充実している」と笑顔で話す。大切にしているのは「出来ることは何でもやること」。一人暮らしや資格の取得、やりたいことはたくさんある。「夢は大きく。やらずに後悔するよりやって後悔したい」

金沢区・磯子区版の人物風土記最新6

植地 宏美さん

「お母さん業界新聞 横浜版」の編集長を務める

植地 宏美さん

磯子区滝頭在住 43歳

2月20日号

坂倉 賢さん

一般社団法人横浜青年会議所の第69代理事長に就任した

坂倉 賢さん

磯子区在勤 37歳

2月13日号

渡邊 永望(えいみ)さん

渡邊 永望(えいみ)さん

全国学生英語プレゼンテーションコンテストでインプレッシブ賞を受賞した

1月30日号

溝口 早苗さん

洋光台地区社会福祉協議会の会長を務める

溝口 早苗さん

磯子区洋光台在住 68歳

1月23日号

遠見 幸蔵さん(芸名:ジーコ)

趣味の一環でパントマイムをはじめとする大道芸をする

遠見 幸蔵さん(芸名:ジーコ)

金沢区並木在住 69歳

1月16日号

服部 誠さん

1月13日に「てんでんこ競争」を初開催するてんでんこプロジェクトの代表を務める

服部 誠さん

金沢区洲崎町在住 43歳

1月9日号

あっとほーむデスク

  • 2月20日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 10月31日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

由緒ある雛人形を展示

由緒ある雛人形を展示

旧伊藤博文金沢別邸で

2月1日~3月3日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月20日号

お問い合わせ

外部リンク