金沢区・磯子区版 掲載号:2020年2月13日号 エリアトップへ

一般社団法人横浜青年会議所の第69代理事長に就任した 坂倉 賢さん 磯子区在勤 37歳

掲載号:2020年2月13日号

  • LINE
  • hatena

「責任者」率いて世界会議へ

 ○…国際青年会議所に所属する130の国と地域が参加する世界会議が今年11月、初めて横浜で開催される。その舵取りを担うべく(一社)横浜青年会議所(横浜JC)の第69代理事長に就任した。2020年度の運営テーマは「責任者」。横浜JCで培った経験を表した言葉だ。「世界会議は約1万人が横浜に訪れます。大会を成功させるという責任感を一人一人持ちながら、各国との文化交流や横浜の魅力を発信していきたいです」と意気込みを語る。

 ○…「地域の発展に携わることは、会社の発展にも繋がる」と理事長を務めた経験がある父の言葉で12年に入会した。当初は「あまり積極的に活動する方ではなかった」と話すが、転機が訪れたのは、横浜JCの一大イベントである開港祭の企画運営委員長を務めた17

年のとき。「『自分がやらなけらばならない』と責任感が芽生えたことで主体的に関わるようになりました」と振り返る。その後は18年に開港祭実行委員長、19年に副理事長を務め、そして自ら理事長に手を挙げた。

 ○…中区滝之上出身。慶応義塾湘南藤沢に中等部から入学し、大学まで学んだ。学生時代はテニスに熱中し、今も妻とコートで汗を流す。大学卒業後は、損保を扱う保険会社の営業マンとして忙しい日々を過ごした。「1日70件近く電話対応したこともあった。休み無く働いてましたね」と苦笑い。

 ○…現在は建設業を営む父の会社「サカクラ」の副社長として経営に携わりながら横浜JCの活動に力を入れる。「今年は世界会議の他にも、東京五輪・パラリンピックなど多くのイベントが控えています。会員一人一人が『責任者』として活動することで、横浜JCの取り組みにイノベーションをもたらしたい」

金沢区・磯子区版の人物風土記最新6

松浦 照朝さん

洋光台連合自治町内会の相談役を務める

松浦 照朝さん

磯子区洋光台在住 84歳

11月26日号

金田 喜稔さん

元サッカー日本代表で、FC T.BRUEのスーパーバイザーを務める

金田 喜稔さん

62歳

11月19日号

平野 健太郎さん

11月7・8日に初の主催イベントを開催した八景市場を運営する

平野 健太郎さん

金沢区釜利谷東在住 43歳

11月12日号

荒木田 百合さん

横浜市社会福祉協議会の会長に就任した

荒木田 百合さん

中区在勤 60歳

11月5日号

五十嵐 裕子(ひろこ)さん

洋光台文化を創る会の副会長を務める

五十嵐 裕子(ひろこ)さん

磯子区洋光台在住 57歳

10月29日号

宝井 琴星さん

11月14日に金沢区の長浜ホールで講談「野口英世伝」を読む

宝井 琴星さん

港南区在住 72歳

10月22日号

あっとほーむデスク

  • 11月19日0:00更新

  • 11月12日0:00更新

  • 9月17日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月26日号

お問い合わせ

外部リンク