金沢区・磯子区版 掲載号:2020年2月13日号 エリアトップへ

親と子のつどいの広場 「マカナ」が洋光台に開所 育児サークルから発展

教育

掲載号:2020年2月13日号

  • LINE
  • hatena
絵本を読み聞かせる鶴巻さん(右)
絵本を読み聞かせる鶴巻さん(右)

 主に未就学児と保護者を対象とする親と子のつどいの広場「Kidsスペースマカナ」が昨年12月、洋光台に開所した。磯子区で6カ所目。子育てサークルとして活動していた「ママ友」4人が運営する。

 施設名のマカナは、ハワイ語で「贈り物」の意味。「子育てで頑張る母親にたくさんの笑顔のプレゼントを」という思いで名付けたという。

 運営メンバーは金子まり子施設長(46)、鶴巻亜希さん(41)、鈴木桂子さん(41)、小室真樹さん(44)で、子どもの幼稚園の「ママ友」だ。幼稚園のイベントを一緒に運営していくうち、2018年11月に子育てサークルを立ち上げた。当初は区内各地で不定期の親子向けイベントを行っていたが、やがて区内の自治会館で月に2日、定期開催するように。さらに「月数回じゃ物足りない。色んなことがしたい」とマカナを開設した。

 つどいの広場は洋光台の駅前にもあるが、マカナの場所は屏風浦、洋光台、杉田の各駅間に位置する。「どこに行くにも山を越える必要があり、小さいお子さんを持ったお母さんには大変」と金子施設長。実際に近隣で子育てをする他メンバーも、以前から周辺に親子のための施設が必要と考えていた。

 開設から2カ月が経ち、利用登録者数は約30組。想定以上だという。開設初日から施設が開いている日は毎日来ているという1歳の子どもの母親は、「以前は、電車に乗ってこういった施設に行っていたので、近くに出来てとても嬉しい。先輩ママとして相談に乗ってくれるのでありがたい」と話す。目指すは、親子で気軽に立ち寄れる広場。「子どもも楽しい、ママも息抜きが出来るような場所にしていけたら」と意気込む。

金沢区・磯子区版のトップニュース最新6

横浜紅谷と和菓子開発

能見台小5年1組

横浜紅谷と和菓子開発 社会

完成に向け、試食会

11月19日号

ゾウの飼育環境改善が評価

金沢動物園

ゾウの飼育環境改善が評価 文化

「エンリッチメント」敢闘賞に

11月19日号

廃棄海藻で循環型経済を

廃棄海藻で循環型経済を 社会

研究会でたい肥化など検討

11月12日号

夏以降、増加傾向に

横浜市内自殺者

夏以降、増加傾向に 社会

市、若年層にネット活用

11月12日号

10年のノウハウ、本に

さくら茶屋にししば

10年のノウハウ、本に 社会

ネットで支援金呼びかけ

11月5日号

「Go To」で活気戻るか

市内商店街

「Go To」で活気戻るか 経済

効果の一過性に懸念も

11月5日号

あっとほーむデスク

  • 11月19日0:00更新

  • 11月12日0:00更新

  • 9月17日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月19日号

お問い合わせ

外部リンク