金沢区・磯子区版 掲載号:2020年2月27日号 エリアトップへ

3月28日に多世代交流コンサートを開くブラストファンクラブの代表を務める 伊川 和美さん 金沢区寺前在住 48歳

掲載号:2020年2月27日号

  • LINE
  • hatena

「楽しみながら」を力に

 ○…小学校の特別音楽クラブに所属する児童の「練習場所がほしい」という思いを受け2018年、ブラストファンクラブを発足させた。小学生から70歳代までが所属し、好きな楽器で好みの曲を自由に演奏し合う。いわく「野良ミュージシャンの集まり」。自身も中学・高校と吹奏楽部でトロンボーンを演奏していたこともあり、約30年振りに楽器を手にした。「やっぱり音楽って楽しい」とにっこり。

 ○…書道の師範免許も持つ。本格的に書道を始めたのは20代半ば。母親の知り合いで姉のような存在だった人と再会し、書道を教えていることを知った。丁度、勤めていた生花店でカードを書く機会が増え、「もっとうまく書きたい」と思っていたころ。誘われるままに通い、書道展に出展するようになった。「結婚や出産で辞めないで」と師匠に言われ、3人の子どもを連れて練習に通ったことも。「第2の実家みたいな場所。気軽に行っていたけど、後ですごい先生と気づいた」

 ○…音楽にも書道にも共通するモットーは、叱ったり無理強いはしないこと。「自分も小学生の時に書道を習っていたからわかる。嫌々やっていると結局は続かない」。1つの線がうまく書けていれば、きちんとほめる。「その上で、ここをこうしたら、もっと良くなると伝える。音楽も同じだと思う」。楽しいから続けて、気が付いたらうまくなっている――そんな循環を作れればと願う。

 ○…自主活動を続ける中、「初心者にこそ専門家のアドバイスが必要」と感じ、今後は講習なども強化していく予定だ。「音楽を一緒に楽しみたいという人たちで少しずつメンバーが増えてきた。課題はあるが、楽しみながら続けていきたい」と話した。

「江戸前場下町」開店記念特売

豊洲市場を仕切る大卸ならではの品揃え。2月28日(金)~3月1日(日)

https://www.yokosuka-honmaguro.com/

<PR>

金沢区・磯子区版の人物風土記最新6

網谷 東子さん

4月から「横浜子育てパートナー」として活動する

網谷 東子さん

金沢区大道在住 47歳

4月2日号

吉田 健二さん

横浜の街なかで自然体験イベントなどを主宰し、さまざまな雑草の魅力を発信する

吉田 健二さん

横浜市在住 36歳

3月26日号

池田 航さん

今シーズンから横浜F・マリノスのトップチームに昇格した

池田 航さん

横浜創学館高校出身 18歳

3月19日号

オオモリ ヨウヘイさん(本名:大森洋平さん)

杉田出身で地元を中心に全国で活動するシンガーソングライター

オオモリ ヨウヘイさん(本名:大森洋平さん)

磯子区杉田在住 29歳

3月5日号

伊川 和美さん

3月28日に多世代交流コンサートを開くブラストファンクラブの代表を務める

伊川 和美さん

金沢区寺前在住 48歳

2月27日号

植地 宏美さん

「お母さん業界新聞 横浜版」の編集長を務める

植地 宏美さん

磯子区滝頭在住 43歳

2月20日号

介護施設の紹介はハピネス

入居時の身元保証は一般社団法人 高齢者住宅支援機構へ

アピタ金沢文庫店 魅力を紹介⑦

2月23日(日)午前10時~ 恒例!ブンブン抽選会

http://www.apita-kanazawabunko.com/ihaG8F

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月19日0:00更新

  • 2月20日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年4月2日号

お問い合わせ

外部リンク