金沢区・磯子区版 掲載号:2020年3月26日号 エリアトップへ

磯子消防団 総務大臣から感謝状 団員増が評価

文化

掲載号:2020年3月26日号

  • LINE
  • hatena
横田団長(左)と加賀谷敦己消防署長
横田団長(左)と加賀谷敦己消防署長

 団員を大幅に増員させ、地域防災力の向上に貢献したとしてこのほど、磯子消防団(横田秀昭団長)に総務大臣から感謝状が贈呈された。2018年4月から2019年1月1日の期間で56人増加させ、充足率100%に達したことなどが評価された。

 今回の総務大臣感謝状は、女性や学生を含む消防団員を相当数増加させ、地域の防災力向上に大きく貢献した消防団に対して贈呈されたもの。全国で43団体選ばれ、横浜市内では磯子のほか、鶴見、神奈川、南、山手(中区)の4消防団に贈られた。横田団長によると、このような大臣感謝状は、磯子消防団としての受賞は初めてなのではという。「消防署や関係者の皆さまの協力で受賞できた。本当にうれしく感謝したい」と喜んだ。

PR隊結成し周知

 磯子消防団の充足率は2011年に65・4%まで落ち込み、団員確保は長年の課題だった。2018年当初も横浜市内20団で充足率が最下位(84・9%)で定員370人に対して314人だった。こうした状況から「PR隊」を結成し、地道に周知活動を展開。学生などにも声をかけ団員を増やしてきた。

 ただ「充足率100%がゴールではない」と横田団長は話す。「実働できる消防団」を目指し、基本となるポンプ操法などの訓練を通して有事に備えている。

 さらに、2020年3月1日現在の団員数は355人。定員に対して15人不足している。充足率100%を維持することも今後の課題の一つだ。

43年の活動に幕

 横田団長は、70歳定年制により3月末で43年の消防団人生に幕を下ろす。「団員には、磯子消防署とともに力をあわせ、区民の安全、安心のために活動してほしい」と話し「伝統ある磯子消防団を盛り上げてほしい」とも呼びかけた。

金沢区・磯子区版のトップニュース最新6

「マリラジ」配信開始

ママ夢ラジオ

「マリラジ」配信開始 社会

地元ママが情報発信

5月7日号

IC化で利用実態把握へ

横浜市敬老パス

IC化で利用実態把握へ 社会

制度適正化へ一歩

5月7日号

文部科学大臣表彰を受賞

金沢図書館

文部科学大臣表彰を受賞 教育

子どもの読書活動の推進で

4月29日号

端末27万台、運用開始へ

GIGAスクール

端末27万台、運用開始へ 教育

学校現場ICT化へ一歩

4月29日号

開始注文率20%に

横浜市給食

開始注文率20%に 教育

ハマ弁から移行で倍増

4月22日号

モデルルーム 交流拠点に

京浜急行電鉄

モデルルーム 交流拠点に コミュニティ社会

金沢区に「よりみちガーデン」

4月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月7日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter