金沢区・磯子区版 掲載号:2020年4月2日号 エリアトップへ

抗菌剤に金沢産コンブ ネバネバ成分をジェルに活用

社会

掲載号:2020年4月2日号

  • LINE
  • hatena
開発中の「ナノシルバーシリカ」(イメージ)=写真右=、コンブのネバネバ成分を活用=同左
開発中の「ナノシルバーシリカ」(イメージ)=写真右=、コンブのネバネバ成分を活用=同左

 コンブの二酸化炭素を吸収する力に着目し、金沢漁港沖でコンブの計画栽培を続ける里海イニシアティブ。収穫したコンブは、そのまま食べるだけでなく地元企業らと協力し、様々な加工食品を開発し販売する。

 さらに食用だけではなく、工業製品への可能性も模索してきた。4月上旬には、シーズサイエンス(中区)からコンブの成分が入った抗菌剤「ナノシルバーシリカ」が発売される予定だ。

 この製品はナノ化されたシリカと強い殺菌・抗菌機能を持つ銀粒子の複合体。金沢区で育ったコンブからネバネバ成分であるアルギン酸を抽出し、バインダー(結合剤)として使用している。銀は、約650種類以上の細菌・バクテリア・カビ菌などに対して有効であるだけでなく、水道水で使用する塩素系列より数十倍強く継続力が高いといわれる。里海イニシアティブの渡辺稔理事は「自然由来で人にも環境にも優しいんです」と話す。

 コンブの計画養殖は横浜市の温暖化対策「ブルーカーボンプロジェクト」の一つ。現在、横浜市にも製品に「横浜ブルーカーボン・オフセットマーク」の使用を申請している。問い合わせはシーズサイエンス【メール】seeds2020yokohama@gmail.comへ。
 

金沢区・磯子区版のローカルニュース最新6

市、早期給付へ体制強化

特別定額給付金

市、早期給付へ体制強化 経済

「郵送」申請書発送開始へ

5月28日号

5月 のの花だより

【Web限定記事】

5月 のの花だより 文化

金沢動物園 コラム

5月28日号

オオツノヒツジの赤ちゃんに愛称を

【Web限定記事】金沢動物園

オオツノヒツジの赤ちゃんに愛称を 文化

5月31日まで ツイッターで募集

5月28日号

赤ちゃんに愛称を

オオツノヒツジ

赤ちゃんに愛称を 社会

金沢動物園 ツイッターで

5月28日号

文化芸術の担い手に支援金

【Web限定記事】横浜市

文化芸術の担い手に支援金 文化

28日から申請開始

5月28日号

獣医師らフェイスシールド寄贈

【Web限定記事】

獣医師らフェイスシールド寄贈 社会

3000枚を県健康医療局に

5月28日号

あっとほーむデスク

  • 5月25日17:30更新

  • 5月16日21:30更新

  • 5月16日7:42更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月28日号

お問い合わせ

外部リンク