金沢区・磯子区版 掲載号:2020年4月2日号 エリアトップへ

公示地価 金沢工業地 県2位の上昇率 住宅地は市内唯一横ばい

経済

掲載号:2020年4月2日号

  • LINE
  • hatena

 神奈川県が3月19日に公表した今年1月1日現在の公示地価で、金沢区の工業地が県内で2番目の上昇率だったことがわかった。一方、微増の磯子区を含む市内17区で上昇した住宅地は、金沢区のみ横ばいだった。

 公示地価は、今年1月1日地点で標準地1平方メートルあたりの正常な価格を示すもの。金沢区は住宅地32、商業地5、工業地2、磯子区は、住宅地19、商業地7、現況林地1地点で調査した。

 県内72地点で調査された工業地では、金沢区は「鳥浜町3番4」、「福浦2丁目7番8外」の2地点が対象に。鳥浜町は12万6千円で6・8%上昇。この上昇率は、県内で3番目だった。また、福浦は12万円で4・3%上がり、2地点を合わせた金沢区の上昇率は5・6%に。これは伊勢原市の5・7%に次いで県内で2番目だった。

 金沢区と磯子区を担当した(一社)神奈川県不動産鑑定士協会の小林隆志さんによると、商業施設「ブランチ」の開業や横浜環状南線の開通への期待などにより上昇したと説明。ただ、昨年は7・5%の上昇だった福浦は、台風15号の影響から被災後に停滞傾向で推移し4・3%の上昇にとどまったと分析した。

六浦南 ワースト

 一方、横浜市の住宅地平均変動率は1・1%。磯子区は0・1%増えたものの、金沢区は昨年と変わらず市内で唯一横ばいだった。

 地点で見ると、金沢区は、22地点で上昇か横ばいに。しかし、六浦南は4・5%減。これは市内でワーストだった。磯子区は、14地点で上昇か横ばいで、屏風ヶ浦地区の「森2の15の17」は、1・5%上昇し20万2千円だった。

 小林さんは、六浦南について「駅から遠く、高低差が激しい地点は下落傾向になる」と分析。市内、区内で二極化が進むとし、人口減少や高齢化が進む金沢区については「今後、下落に転じてしまう可能性があるのでは」と話した。

金沢区・磯子区版のトップニュース最新6

『銭天堂』が4位

こどもの本総選挙

『銭天堂』が4位 文化

磯子区出身・廣嶋さん著書

5月28日号

当事者が学生を支援

がくせいボラ連

当事者が学生を支援 教育

活動参加者にバイト代

5月28日号

インスタで物語を連載

【Web限定記事】杉田劇場

インスタで物語を連載 文化

5月15日から 絵本作家ヤナキさんに依頼

5月21日号

学生支援策、次々と

【Web限定記事】金沢区内大学

学生支援策、次々と 教育

給付金や基金設立を発表

5月21日号

ブルーで医療従事者を応援

磯子区真照寺

ブルーで医療従事者を応援 社会

コロナ禍終息願う

5月14日号

ものづくり体験を自宅で

AozoraFactory

ものづくり体験を自宅で 文化

休校中児童にキット発送

5月14日号

あっとほーむデスク

  • 5月25日17:30更新

  • 5月16日21:30更新

  • 5月16日7:42更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月28日号

お問い合わせ

外部リンク