金沢区・磯子区版 掲載号:2020年4月23日号 エリアトップへ

横浜環境保全 地域貢献で最高表彰 生ごみ堆肥化し食循環に

経済

掲載号:2020年4月23日号

  • LINE
  • hatena
認定証を持つ高橋代表
認定証を持つ高橋代表

 廃棄物回収・処理などを行う、金沢区鳥浜町に工場を構える横浜環境保全(株)(高橋義和代表取締役/本社・横浜市中区)がこのほど、2019年度の横浜型地域貢献企業の最高位であるプレミアム表彰に輝いた。高橋代表は「活動が評価されとても嬉しく光栄に思います。社員や関係者に感謝でいっぱいです」と喜びを語る。

 横浜型地域貢献企業支援事業は、地域を意識した経営を行い、環境保全や地域ボランティア活動などの社会的事業に取り組む企業等を認定する横浜市の制度で07年から始まり、現在479社が認定されている。認定期間は2年間。

 横浜のCSRを代表する取り組みを行う企業などを顕彰するプレミアム表彰は18年度から始まった制度。活動が顧客や地域などのニーズに沿っており、持続可能性や成長を生む取り組みを実践している企業に贈られる。今まで4社が表彰され同社は5社目。今回で10年目の継続認定となり10年表彰も受けた。

 横浜市一般廃棄物収集運搬業許可第1号を取得した同社は1972年に設立し、事業系の一般廃棄物の扱いを中心に事業を展開しており、金沢区と瀬谷区に事業所を持つ。01年の食品リサイクル法の施行時から堆肥化事業に着手。「ハマのありが堆肥」を開発した。

道志村と連携

「ハマのありが堆肥」は、(株)横浜ビールが運営する飲食店「驛の食卓」から排出されるモルト粕と残飯を原料の一部として堆肥化したもの。横浜市の水源となっている山梨県の道志村で活動する「道志村ひゃくしょう会」がその堆肥で野菜を栽培し、市内飲食店へ出荷することで食の循環(フードループ)に取り組んでいる。それらの事業などが評価された。

 今回の表彰について高橋代表は「環境保全の事業が認知されることを期待したい」と話し、「今後も地球の健康に寄与できる『地球健康貢献企業』を目指していく」と意気込みを示した。
 

金沢区・磯子区版のローカルニュース最新6

利用促進で飲食店支援

市補正予算案

利用促進で飲食店支援 経済

消費者に5%分還元

9月16日号

小幡正雄氏が死去

小幡正雄氏が死去 政治

11期42年、市議務める

9月16日号

畑を彩る「磯子区の花」

畑を彩る「磯子区の花」 社会

氷取沢町の農業専用地区

9月16日号

今週末に野毛大道芸

今週末に野毛大道芸 文化

感染症対策施し、屋内開催

9月16日号

七志が「夢のらーめん」再現

お絵かきコンテスト

七志が「夢のらーめん」再現 社会

最優秀賞に汐見台小の宮田さん

9月16日号

金沢区民の作品募集

金沢区民の作品募集 文化

11月の文化祭で展示

9月16日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月26日0:00更新

  • 8月12日0:00更新

  • 6月10日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook