金沢区・磯子区版 掲載号:2020年6月18日号 エリアトップへ

アイスホッケー 市内初、プロチーム誕生 港北拠点、横浜GRITS(グリッツ)

スポーツ

掲載号:2020年6月18日号

  • LINE
  • hatena
横浜GRITSのメンバー
横浜GRITSのメンバー

 横浜市をホームタウンとし、新横浜を拠点とするプロアイスホッケーチーム、横浜GRITSはこのほど、アジアリーグアイスホッケーへ正式加盟した。プロチームの誕生は市内初。臼井亮人代表取締役は「横浜を盛り上げていきたい」と意気込みを口にする。

 昨年5月に創設された横浜GRITS。中国や韓国がアイスホッケーの強化に本腰を入れるなか、国内では「競技だけでは生活が厳しく多くの才能が埋もれてしまう」状況にあったという。その危機感から臼井氏がプロチームの創設を決意。”やり抜く力”という意味の”GRIT”を名前にチームを発足した。監督は慶応大での指導経験のある浅沼芳征氏。また、世界最高峰のナショナルホッケーリーグでのプレー経験を持つマイク・ケネディ氏がヘッドコーチを務める。

 加盟するのは、アジアリーグアイスホッケー。強豪の北米や欧州に肩を並べ五輪でのメダル獲得を目指し2003年に創設された。日本5チーム(GRITS含む)に加え、韓国とロシアからそれぞれ2チームと1チームが参加している。

 新型コロナの影響により、先行きが見えない状況だが、臼井氏は「リーグが始まったら一戦一戦がむしゃらにプレーし、戦い抜く姿勢を見せたい」と話す。

地域貢献、競技の普及も

 チームのビジョンとして「夢と生きる活力に満ちた社会を作る」を掲げる臼井氏。そのために「デュアルキャリア」「地域貢献」「アイスホッケーの普及・育成」を3つの柱として活動方針を掲げている。「デュアルキャリア」とは安心して競技を続けられる選手の在り方を実現するというもの。また、プロチーム誕生に伴い、公式チアリーディング「GRITS TOPAZ(トパーズ)」も結成した。

 「マイナースポーツで新規参入だからこそ、新しいスポーツ文化を生み出すチャンスだと思う」と臼井氏。「先は見えていないが、やはり生で観戦してほしい。競技の一番の魅力は、”激しい競り合いの音”。氷上の熱気で、横浜を熱く盛り上げていきたい」と期待に胸を膨らませる。

金沢区・磯子区版のローカルニュース最新6

フードドライブを応援

神奈川県

フードドライブを応援 社会

啓発ロゴと動画作成

10月21日号

金澤湊 描いた個展 

坂下昿吉さん最後のシリーズ

金澤湊 描いた個展  文化

中区GALERIE PARISで

10月21日号

「まち並サロン」オープン

「まち並サロン」オープン 社会

並木3丁目に交流の場

10月21日号

ひざ痛解消の本 5人に

ひざ痛解消の本 5人に 社会

たかこ整骨院の院長が執筆

10月21日号

大会参加者を募集

ターゲット・バードゴルフ

大会参加者を募集 スポーツ

11月5日、初心者歓迎

10月21日号

宝くじで商品ゲット

磯子区商連

宝くじで商品ゲット 経済

62店舗で配布中

10月21日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月26日17:54更新

  • あっとほーむデスク

    10月17日22:57更新

  • 10月16日17:36更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

コース作って散歩楽しむ

コース作って散歩楽しむ

磯子で11月から5回講座

11月24日~12月21日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook