金沢区・磯子区版 掲載号:2020年6月18日号 エリアトップへ

マスク、状況に応じ着脱を 熱中症対策で市消防局呼びかけ

社会

掲載号:2020年6月18日号

  • LINE
  • hatena

 6月に入ってからの横浜の気温は、1日をのぞくすべての日が25度以上で、梅雨のジメジメと重なり蒸し暑い日が続く。例年、急に気温が上昇すると体が暑さに慣れておらず、熱中症が疑われる症状で救急搬送される人が多くなる。横浜市消防局は5月から暑さに備えた体作りなどを呼びかけ、注意を促している。

 5月1日から6月12日までの横浜市内の熱中症の救急搬送は63件で、金沢区と磯子区はそれぞれ3件だった。「件数はまだ落ち着いているが、暑さはこれからが本番。十分に予防を心がけてほしい」と担当者は話す。

マスク着用の作業員救急搬送の実例も

 今年、懸念されるのが、感染症対策と熱中症対策の両立だ。金沢区では、マスクを着用したまま屋外で仕事をしていた30代の男性が熱中症で救急搬送されたケースも報告されている。

 厚生労働省は「新しい生活様式における熱中症予防行動のポイント」として、「適宜マスクをはずす」ことを推奨している。「屋外で人と十分な距離(2m以上)を確保できる場合はマスクをはずす」「マスク着用時には、負荷のかかる作業や運動は避ける」などの指針を示している。

 マスクを着けているとマスク内の温度と湿度が上昇。のどの渇きにも気付きにくいという。のどの渇きにかかわらず、「こまめな水分補給」が必要だ。また、エアコンを利用時も、室内の換気を推奨している。

啓進塾 新入塾生を募集

中学受験専門 本当の「賢さ」を育てる 入塾説明会など開催

http://www.keisin.com

磯子区3団体説明会開催

有償ボランティアやってみませんか?

http://www.fukushi-club.net/

<PR>

金沢区・磯子区版のローカルニュース最新6

1週間で48人増

【Web限定記事】新型コロナ

1週間で48人増 社会

金沢区、磯子区の感染者

2月25日号

10年間の活動が一冊に

さくら茶屋にししば

10年間の活動が一冊に 社会

「コミカフェのバイブルに」

2月25日号

作品集を出版

並木在住青山さん

作品集を出版 文化

読者3人にプレゼント

2月25日号

消防署に非接触体温計 寄贈

磯子RC

消防署に非接触体温計 寄贈 社会

創立60周年記念の一環で

2月25日号

市特定健診 受診率が低迷

市特定健診 受診率が低迷 社会

コロナによる控え顕著に

2月25日号

洋光台のシンボル「梅」植樹

洋光台のシンボル「梅」植樹 文化

西公園で式典

2月25日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月25日0:00更新

  • 2月16日18:54更新

  • 1月21日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年2月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク