金沢区・磯子区版 掲載号:2020年9月10日号 エリアトップへ

熱中症 金沢区 救急搬送 1.7倍 磯子区は微増

社会

掲載号:2020年9月10日号

  • LINE
  • hatena

 金沢消防署によると、8月に熱中症で救急搬送された金沢区内の人の数は65人にのぼり、昨年同時期で1・7倍増だったことがわかった。一方、磯子区は53人で昨年の52人を1人上回った。両消防署は、残暑が懸念される9月以降も対策を呼びかけている。

真夏日25日間

 全国各地で記録的な猛暑に見舞われた今年の夏。気象庁によると、横浜市内の8月は、日中の最高気温が30度以上の「真夏日」は25日間、35度以上の「猛暑日」は5日間あり、30度を下回ったのは8月23日のみだった。

 こうした状況で熱中症による救急搬送者数は、金沢区は65人で前年同時期の39人を26人上回り1・7倍増。8月に入り搬送者の数が急増した。横浜市消防局救急課の担当者は横浜市内の傾向として「今年の梅雨明けは8月2日で梅雨の時期が長かったことが少なからず影響したのでは。8月11日には昨年の数字を超えていた」と話した。

 一方、磯子区内の8月の救急搬送者は前年同時期で1人上回ったのみでほぼ前年と同数だった。磯子消防署によると、防火予防の注意喚起として高齢者宅を回った際に、エアコンをつけずに過ごす人がみられた。「我慢して過ごしていたと思われるが対策の一環として適切にエアコンを使ってほしい」と呼びかける。

マスク着用者も

 今年は、新型コロナウイルス感染症対策として真夏にマスクを着用している時間が多い「特別な夏」でもある。両消防署によると、マスクを着用した救急搬送者は、金沢区で23人、磯子区で18人だった。「マスクの着用が熱中症の原因とは言い切れない」と説明するが、マスクを着けているとマスク内の温度と湿度が上昇し、のどの渇きに気付きにくい。

 厚生労働省は「新しい生活様式における熱中症の予防行動のポイント」として「適宜マスクをはずすこと」をあげている。また、こまめな水分補給も推奨している。

金沢区・磯子区版のトップニュース最新6

「ちょこっとボラ」設立

磯子地区

「ちょこっとボラ」設立 社会

地域の支え合い築く

10月22日号

外国人の相談窓口開設

横浜市居住支援協議会

外国人の相談窓口開設 社会

国の人手不足対策と連動

10月22日号

地域交通で移動支援

金沢区富岡西地区

地域交通で移動支援 社会

実用化見据え、利便性拡大

10月15日号

街路灯維持 揺らぐ商店街

街路灯維持 揺らぐ商店街 社会

補助金活用も改修費重荷

10月15日号

防災拠点に2施設確保

汐見台自治会連合会

防災拠点に2施設確保 社会

県団地住宅福祉協会と協定

10月8日号

ママ夢ラジオ実現 後押し

杉田在住あやかさん

ママ夢ラジオ実現 後押し コミュニティ文化

16・17日、Zoomで初イベント

10月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月17日0:00更新

  • 9月9日18:45更新

  • 9月3日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月22日号

お問い合わせ

外部リンク