金沢区・磯子区版 掲載号:2020年12月10日号 エリアトップへ

金子さんの草花の不思議発見!第49回 カクレミノ 葉を噛むと歯が欠ける? 文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇

掲載号:2020年12月10日号

  • LINE
  • hatena
花と単葉(写真上)と3裂の葉(同下)/富岡西
花と単葉(写真上)と3裂の葉(同下)/富岡西

 暖かい沿海岸の山林や公園・庭木等でよく見かける「カクレミノ」は日本固有種の常緑高木です。名の由来は葉の形が雨具の蓑に似ているためで、古来より「ミツナガシワ」と呼ばれ、食べ物を乗せる器代わりに利用されてきました。

 古事記や日本書記に、神に供える食べ物をミツナガシワ(御綱柏または三綱柏)の葉に盛ったと記されています。しかしミツナガシワの正体は、カクレミノを指す説とオオタニワタリ(シダ類)を指す説とがありますが、いずれにせよ神聖視される樹木の一つです。三綱とは君臣・父子・夫婦の3つの繋がりを表すめでたい言葉のため、後世になって「ミツナ」が「ミツノ」(三角)に転化し、3つの角のある葉(カクレミノやホウロウイチゴ等)を指すようになりました。葉の形は普通3裂ですが、花がつく枝の葉は3裂せず単葉のままです。

 九州地方では「ハコボレ」といい、葉を噛むと歯が欠けるといわれており、四国地方でも「ハクチ」(歯朽)と呼んでいます。イノシシは好んでこの葉を食べるので、有毒ではないようです。
 

果実/並木緑地
果実/並木緑地

金沢区・磯子区版のコラム最新6

健康と幸せ運ぶアーユルヴェーダ

健康と幸せ運ぶアーユルヴェーダ

文・寺島まき(アーユルヴェーダ・ライフスタイル・カウンセラー)5月 新緑の季節、早起きでさわやかに

5月19日号

健康と幸せ運ぶアーユルヴェーダ

健康と幸せ運ぶアーユルヴェーダ

文・寺島まき(アーユルヴェーダ・ライフスタイル・カウンセラー)4月 春の味を楽しみましょう

4月21日号

健康と幸せ運ぶアーユルヴェーダ

健康と幸せ運ぶアーユルヴェーダ

文・寺島まき(アーユルヴェーダ・ライフスタイル・カウンセラー)3月 デトックスには白湯生活を

3月31日号

健康と幸せ運ぶアーユルヴェーダ

健康と幸せ運ぶアーユルヴェーダ

文・寺島まき(アーユルヴェーダ・ライフスタイル・カウンセラー)2月 満足感を得るためには「黙食」を

2月24日号

災害時にタクシーで充電

災害時にタクシーで充電

(株)エヌケイキャブ(磯子区中原)

2月3日号

健康と幸せ運ぶアーユルヴェーダ

健康と幸せ運ぶアーユルヴェーダ

文・寺島まき(アーユルヴェーダ・ライフスタイル・カウンセラー)1月 寒さに負けず冬こそ運動を

1月20日号

あっとほーむデスク

  • 4月21日0:00更新

  • 3月10日0:00更新

  • 10月26日17:54更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

広場で食と音のフェス

広場で食と音のフェス

5月29日 洋光台北団地

5月29日~5月29日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook