金沢区・磯子区版 掲載号:2021年1月7日号 エリアトップへ

県政報告 「コロナ禍は社会変革の契機」に注目 神奈川県議会議員 あらい絹世

掲載号:2021年1月7日号

  • LINE
  • hatena

 2020年は新型コロナウイルスによる感染症の世界的な大流行が人々を苦しめ、不安に陥れた1年でした。こうした中で私が注目したのが、世界の知識人たちが「今日の社会は、これまでの経済成長を善として徹底的に合理化を要求する”より遠く、より速く”をベースとする社会から”より近く、よりゆっくり”の寛容の社会への変革期にある中で、コロナ禍はこの契機でもある」との見解です。そして、少子高齢化が深刻な日本では、今が持続可能で豊かな成熟社会に移れるかどうかの分岐点であり政府も「まち・ひと・しごと創生基本方針」として地方の活性化(都市集中型社会から地方分散型社会へ)と東京一極集中の是正を掲げ取り組んでいます。そして同感染症の拡大阻止やワクチンの開発・利用といった対策、コロナ禍後における新しい社会の構築に当たって、地方自治体の判断、実行力が極めて大事であることも浮き彫りになってきている、とつくづく思う今日この頃です。

地方自治体の役割

 今年は、感染拡大による医療崩壊をどう防ぎワクチン接種をどうスムーズに実施していけるのかなどに注目が集まりそうで、地方自治体のかかわり如何も大事になってきています。政治の一翼にかかわる者として「中小企業者への3年間無利子融資の返済が迫るなかでどう対処していくのか」「コロナ禍を集中から分散への社会の変革にどう生かしていくのか」などにも目を向け考えていきたいと思います。

あらい絹世事務所

横浜市磯子区丸山 2-24-3

TEL:045-751-5250
FAX:045-751-7600

http://www.araikinuyo.jp/

金沢区・磯子区版の意見広告・議会報告最新6

「コロナ禍は社会変革の契機」に注目

県政報告

「コロナ禍は社会変革の契機」に注目

神奈川県議会議員 あらい絹世

1月7日号

金沢区の未来に向けて

県政報告【6】

金沢区の未来に向けて

金沢区 県議会議員 大村悠

1月1日号

安全と安心を取り戻す!

議員記者が行く

安全と安心を取り戻す!

神奈川県議会議員 松崎淳

1月1日号

コロナを早期に終息させ 安全・安心な社会を

新型

コロナを早期に終息させ 安全・安心な社会を

横浜市会議員 おばた正雄

1月1日号

中学校で給食が実現

中学校で給食が実現

横浜市議会議員(金沢区) 高橋のりみ

1月1日号

県民の命を守る取り組み

県政報告

県民の命を守る取り組み

神奈川県議会議員 市川さとし

1月1日号

あっとほーむデスク

  • 1月21日0:00更新

  • 1月14日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク