金沢区・磯子区版 掲載号:2021年1月21日号 エリアトップへ

利用者の声 開催後押し 滝頭「こどもすまいる食堂」

社会

掲載号:2021年1月21日号

  • LINE
  • hatena
弁当を受けとる児童(右)
弁当を受けとる児童(右)

 1都3県に緊急事態宣言が発出され1週間がたった1月15日、磯子区の滝頭地域ケアプラザで子どもが対象の弁当配布などが行われた。主催は2018年からこども食堂を開催している「こどもすまいる食堂」。新型コロナ感染症の新規感染者数の増加が続く状況の中、代表の篠塚妙子さんらは感染症対策を行いながら活動を行った。

 「こどもすまいる食堂」の立ち上げ当初は、月1回、滝頭のケアプラでカレーや生姜焼きなどを作り、子どもたちに提供していた。しかし、昨年からのコロナ禍により、活動の見直しを余儀なくされ、昨年6月からは弁当を配るスタイルに変更。感染症対策を行いながら活動を展開してきた。

「家計が助かる」

 そんな中での再度の緊急事態宣言。今回は開催を迷ったというが、実施に踏み切った理由には利用者からの声があった。「『仕事が時短となり生活が厳しくなった。開催してもらえたらうれしい』とのメッセージをもらったんです」。子ども食堂当日は、40食の弁当と約20人分の野菜、米などの食糧を用意。開設時刻の午後5時には列ができるほどの人が来場。食糧は10分もたたないうちに配り終えた。

 今回が3回目の利用だという小学2年生の男子児童と来場した母親は「こんな状況でも開催してもらいありがたい。家計が助かる」と喜び、「仕事の先行きが不透明なところもあるので、そういう意味でも非常に助かります」と話した。

 篠塚代表は「多くの方々に来て頂き、こども食堂が求められていることを改めて感じた。コロナの状況で来月の開催は現状では未定だが、色々と模索していきたい」と話した。

金沢区・磯子区版のローカルニュース最新6

買物で賞品当たる

買物で賞品当たる 社会

金沢区でスタンプラリー

3月4日号

コロナ禍の学生支援考える

コロナ禍の学生支援考える 教育

21日、オンラインでシンポ

3月4日号

見て、さわって、知って「深海生物まつり」

【Web限定記事】

見て、さわって、知って「深海生物まつり」 文化

横浜・八景島シーパラダイスで 4月4日まで

3月4日号

「横浜の仏像」体系的に

【Web限定記事】市歴史博物館

「横浜の仏像」体系的に 文化

慶珊寺の十一面観音菩薩坐像など展示 3月21日まで

3月4日号

1週間で53人増

【Web限定記事】新型コロナ

1週間で53人増 社会

金沢区、磯子区の感染者

3月4日号

3月5日、6日に産直応援販売

【Web限定記事】磯子区根岸 K2インターナショナルグループ

3月5日、6日に産直応援販売 社会

東日本大震災10年機に支援

3月4日号

啓進塾 新入塾生を募集

中学受験専門 本当の「賢さ」を育てる 入塾説明会など開催

http://www.keisin.com

磯子区3団体説明会開催

有償ボランティアやってみませんか?

http://www.fukushi-club.net/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月25日0:00更新

  • 2月16日18:54更新

  • 1月21日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

買物で賞品当たる

買物で賞品当たる

金沢区でスタンプラリー

3月8日~4月23日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年3月6日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク