金沢区・磯子区版 掲載号:2021年4月8日号 エリアトップへ

現役東大生で、5月3日の金澤能で源頼光を演じるプロ能楽師 阪本 昂平さん 横須賀市追浜在住 22歳

掲載号:2021年4月8日号

  • LINE
  • hatena

稽古重ね、いざ本番へ

 ○…金澤能の本番まで1カ月を切った。今年の舞台は称名寺ではなく金沢公会堂での2回公演。「2回チャンスがあるのは嬉しいし新鮮」と稽古にも力がこもる。自宅での練習場はもっぱら風呂。謡や基本の所作の確認を繰り返す。決められた能の型の中で、どうやって役の源頼光になりきるか――。「お稽古をし続けた先にしかない」と前を向く。

 ○…能が好きだった母親の影響で、6歳で称名寺薪能の「火入れ」を体験。これをきっかけに区内で開催する能講座「六浦セミナー」に通うようになる。「あまり覚えてないが、みんないるのでにぎやかで楽しかった記憶がある」。師である櫻間右陣さんの指導のもと、舞台の本数を重ね海外公演も経験。周囲の期待に責任を感じながら、「少しずつ、能の面白みを見つけてきた」。高校や大学の受験期は離れたこともあったが、いまや能は生活の一部だ。

 ○…東京大学では理学部地球惑星物理学科を専攻。「虫や宇宙が好きなんです」とにっこり。称名寺薪能の舞台の前は、境内裏のハイキングコースを歩いたことも。「緑が多いと心が落ち着くんです」。大学では天文部に所属し、時間があれば長野や房総半島に行き観測を楽しむ。「興味があることをとことん突き詰める」探求心で、能と学業を自然に両立させる。

 ○…1年前に能楽協会に認められ、プロ能楽師の仲間入りをした。それに伴い舞台で求められることも高くなったという。「意識が変わった。伝えられている櫻間の謡にどう近づけるか。正しいものを伝えていきたい」と襟をただす。大学院に進む予定だが、「先のことはわからない」とも。どんな仕事に就いたとしても「能はずっと続けていきたい」と真っすぐに話した。

金沢区・磯子区版の人物風土記最新6

熊田 嘉範さん

3月22日付で磯子警察署の署長に就任した

熊田 嘉範さん

磯子区出身 57歳

4月15日号

阪本 昂平さん

現役東大生で、5月3日の金澤能で源頼光を演じるプロ能楽師

阪本 昂平さん

横須賀市追浜在住 22歳

4月8日号

青木 美佳さん

滝頭小学校の学校・地域コーディネーターとして活動する

青木 美佳さん

磯子区丸山在住 55歳

4月1日号

シュウマイ潤さん(本名:種藤(たねふじ) 潤)

横浜をシュウマイの聖地と位置づけ、その魅力を発信するシュウマイ研究家

シュウマイ潤さん(本名:種藤(たねふじ) 潤)

横浜国大出身 43歳

3月25日号

寺岡 光盛さん

J:COMの地域プロデューサーで、ものまね芸人としても活動する

寺岡 光盛さん

磯子区杉田在住 45歳

3月18日号

PORIN(ポリン)さん

Awesome City Club でボーカルを務める

PORIN(ポリン)さん

横浜市出身

3月11日号

公明党横浜市議団

いよいよ本日、4月8日から横浜の中学校給食がスタート!

http://kato-hiroto.net/ http://www.takenouchi-takeshi.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月8日0:00更新

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter