金沢区・磯子区版 掲載号:2021年5月20日号 エリアトップへ

金沢区在住大島さん クラウンの歴史紐解く 「日本の道化師」を発刊

文化

掲載号:2021年5月20日号

  • LINE
  • hatena
著者の大島さん
著者の大島さん

 金沢区富岡西在住のノンフィクション作家、大島幹雄さん(67)が書いた「日本の道化師 ピエロとクラウンの文化史」(968円)が平凡社新書から発刊された。日本では一般にピエロといわれるクラウン(道化師)の歴史や演者の人々を描いた。地元書店の高致堂書店(富岡西)や各有隣堂、Amazonなどで販売している。

 大島さんは海外からサーカス団や道化師を招き、日本の公演を企画する「サーカスプロモーター」として活動してきた。2年前に仕事は辞めたが、サーカス研究はライフワークとして続け、40年ほどになる。「知識や資料はあったので、構想を練って昨年7月から4か月ほどで書き上げた」と話す。日本ではクラウンよりもピエロという呼び名が定着しているのはなぜか、歴史を辿りながら紐解いていく。

 あわせて伝えたかったのが、クラウンとして活動する人の姿だ。現在は、舞台に立つだけだなく、社会福祉の分野でも活躍する。「マイナーな存在かもしれないが、人を喜ばせるために真摯に芸を磨く姿を書いておきたかった。クラウンはワインと一緒で熟成が必要なんです」

コロナに負けない

 本を書いた理由はもう一つある。新型コロナウイルス感染症の流行で、エンタメ業界が大きな打撃を受けたことだ。「やられっぱなしだけど、コロナに負けたくない」と力を込める。

 大島さんはクラウンを「人を笑わせるだけでなく、その向こうに喜びや希望を伝える存在」だという。分断が進む今の社会にこそ、クラウンが必要――。そんな思いが伝わればと願う。

磯子センター

1月から開催の自主事業、参加者募集中

http://www.isogo-sk.com/isogo-center/

<PR>

金沢区・磯子区版のローカルニュース最新6

「生理の貧困」を支援へ

「生理の貧困」を支援へ 社会

市社協など、寄付金募集

12月2日号

他人の心動かす演劇を披露

他人の心動かす演劇を披露 社会

精神疾患のある人が伝えるメッセージ

12月2日号

6年ぶりにキリンが誕生

金沢動物園

6年ぶりにキリンが誕生 社会

市内では3カ月連続

12月2日号

動物園のカレンダー贈呈

動物園のカレンダー贈呈 社会

入園者先着100人に

12月2日号

「1日1ドルで生活」を上映

市場deシネマ

「1日1ドルで生活」を上映 文化

12月8日と12日、南部市場

12月2日号

横浜で「城」の祭典

読者プレゼント

横浜で「城」の祭典 文化

12月18日・19日開催

12月2日号

本まぐろ直売所

12/4・5は13周年感謝セール、毎月第2・4土日は特売日!

https://www.yokosuka-honmaguro.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 10月26日17:54更新

  • あっとほーむデスク

    10月17日22:57更新

  • 10月16日17:36更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年12月2日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook