金沢区・磯子区版 掲載号:2021年5月27日号 エリアトップへ

横浜市 中小企業の販路開拓支援 コロナ禍では初

経済

掲載号:2021年5月27日号

  • LINE
  • hatena

 横浜市は新型コロナの影響を受ける市内中小企業の事業継続支援を目的とした補助金事業を始める。新たな事業展開にかかる費用などが対象で、コロナ対策とした販路開拓を支援する補助金制度は初めて。市の担当者は「ウィズコロナやアフターコロナの事業継続のために活用して頂けたら」と話す。

 今回の「事業継続・展開支援補助金」(販路開拓支援型)の対象事業は、販路の開拓、新たな販売方法の導入、商品開発・新サービスの展開。横浜市内に本社がある小規模事業者や個人事業主を含む中小企業が対象となる。

事業継続のステップへ

 市の担当者によると、昨年の支援事業は緊急支援の要素が強かったが、同補助金はアフターコロナへの事業継続に向けたステップのための意味合いが強いという。

 2020年度、市はテレワーク導入に対する助成金や創業間もない企業への一時金交付、特別経営相談窓口設置など新型コロナの影響を受ける中小企業向けに様々な支援事業を行った。中でも新しい生活様式への対応支援事業補助金は3日間で6千件の申請があった。

 市内の企業数の99・5%にあたる約7万2千が中小企業。市の担当者は「民間調べで廃業件数はコロナ前と比較して大きく増加していないと認識している。決して十分ではないと思うが昨年度市が行った支援で一定の効果が表れているのではないか」と分析する。

 市は申し込み方法の簡略化や市内18区でコロナ禍対応支援策説明会を実施するなど多くの申請につなげたい考えだ。発表直後から具体的な相談が数件入るなど、関心度も高い。

 緑区内の企業の代表は「厳しい状況の中で市の補助金は助かる。申請を検討する」と話した。

 補助額は対象経費の3分の2、上限20万円。24日から申請が始まり、問い合わせは申請窓口(横浜企業経営支援財団)【電話】045・225・3725で受け付ける。22年1月末までの申請期間内でも300件分6千万円の予算額に達した時点で締め切るとしている。

 市の担当者は「今後は設備投資に関する補助金の申請なども開始する予定」と話す。

金沢区・磯子区版のトップニュース最新6

「役割や活動知って」

保護司会

「役割や活動知って」 社会

7月は「社明運動」強化月間

7月22日号

4割が土砂災害警戒区域

横浜市立校

4割が土砂災害警戒区域 社会

避難計画は作成済み

7月22日号

京急線駅と並木結ぶ

321系統バス

京急線駅と並木結ぶ 社会

利便性確保へ新路線

7月15日号

備蓄品寄付して廃棄削減

ストックベース

備蓄品寄付して廃棄削減 社会

水を安藤建設と杉田小へ

7月15日号

養育費確保に新制度

横浜市

養育費確保に新制度 社会

ひとり親を支援へ

7月8日号

153ミリの大雨に対応

内水ハザードマップ

153ミリの大雨に対応 社会

金沢含む2区から全戸配布

7月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月10日0:00更新

  • 5月7日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年7月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter