金沢区・磯子区版 掲載号:2021年8月19日号 エリアトップへ

神奈川人権センター 社会課題考えるきっかけに 「新・21世紀の人権」を出版

社会

掲載号:2021年8月19日号

  • LINE
  • hatena
「ぜひ多くの方に読んでほしい」と早坂事務局長
「ぜひ多くの方に読んでほしい」と早坂事務局長

 一般社団法人神奈川人権センター(磯子区森)は8月15日、「新・21世紀の人権―知っているようで知らない差別と人権の話」(発売/日本評論社)を編集・発行した。コロナ禍や五輪で様々な人権問題が噴出している昨今、事務局長の早坂公幸さんは「この本が、知っているようで知らない”人権”について考えるきっかけになれば」と話す。

 前作「21世紀の人権」の出版から10年が経過し、法改正や条例整備がされ人権課題も大きく変化している。そこで神奈川人権センターは設立30周年の記念事業として、編集を開始。約1年半をかけて完成させた。

 内容は被差別部落やアイヌ民族、沖縄、外国人、障害者、男女平等、子ども、高齢者、労働、企業など最新の人権課題を幅広く取り上げた。執筆は各分野の研究者や支援者、弁護士、当事者ら52人の専門家が担当した。「新しい執筆者も多く、10年前に執筆いただいた方には現代に即した形に書き直していただいた。中高生にも読んで理解できるような内容を心がけた」と早坂事務局長。7月から8月にかけ県内34自治体をまわり要請行動を行った際も、学校などの教育現場や公立図書館などで活用してほしい旨を伝えたという。「人権という視点は、いじめや被災者支援など現実の具体的な問題を考えていくときの柱になる。入門書として多くの人に読んでほしい」と話す。

 「新・21世紀の人権」(B5版256ページ、2530円)は書店やAmazonのほか、同センターでも購入できる。

五輪で課題噴出

 新型コロナウイルス感染症の差別は、だれでも差別する側にもされる側にもなりうることを身近に感じさせてくれた。また、オリンピックを巡っては、組織委員会や開会式などで女性蔑視、障害者いじめ、パワーハラスメントなど様々な課題が噴出した。「海外メディアが大きく取り上げたことで、日本社会の人権意識がまだ甘いことを感じた。意識改めるきっかけになれば」

 一方で近年、様々な法改正などがなされたことにふれ、「法が変わることで、変わっていくことがたくさんある。どう生かすかはそれぞれの自治体の力が大きい。少しずつだが浸透しているのでは」と継続的な取り組みの重要性を指摘した。
 

金沢区・磯子区版のトップニュース最新6

立民・佐久間氏が初当選

金沢区補欠選挙

立民・佐久間氏が初当選 政治

新人が一騎打ち制す

10月21日号

市が「防災力」認定制度

マンション

市が「防災力」認定制度 社会

来年1月に開始予定

10月21日号

毎朝 太極拳で17年

金沢区釜利谷西

毎朝 太極拳で17年 スポーツ

コロナ禍の健康づくりにも

10月14日号

「専門性持つ多機関 連携を」

市内虐待対応医

「専門性持つ多機関 連携を」 教育

相談件数が年々増加

10月14日号

空き区画を地域に開放

空き区画を地域に開放 社会

洋光台にフリースペース

10月7日号

市、オンライン申請を導入

証明書発行

市、オンライン申請を導入 社会

時間・場所問わず可能に

10月7日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    10月17日22:57更新

  • 10月16日17:36更新

  • 8月26日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

コース作って散歩楽しむ

コース作って散歩楽しむ

磯子で11月から5回講座

11月24日~12月21日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook