金沢区・磯子区版 掲載号:2021年12月2日号 エリアトップへ

(PR)

充血・目やには危険信号 目の不快感 ドライアイかも 取材協力/かめざわ眼科

掲載号:2021年12月2日号

  • LINE
  • hatena

 日本では約2200万人の患者がいるといわれるドライアイ。地元の複数の小中学校で学校医を務める「かめざわ眼科」=南区別所=の亀澤比呂志院長に話を聞いた。

 ――ドライアイとは。

 「涙の量や質の低下、瞬きの減少で、目の不快な症状や視機能の低下が起こる病気です。目が乾く、疲れる、かすむ、ゴロゴロする、充血・目やになどもよくある症状。原因は加齢、長時間のパソコン作業、車の運転、コンタクトレンズ装用、エアコンによる室内の乾燥などが挙げられます」

 ――検査・治療は。

 「眼科では自覚症状や生活状況を確認し、涙が均一に表面を覆っているか等を診るフルオレセイン染色検査や、涙の量を測る検査をして診断します。

 治療は主に点眼薬です。以前は保温と傷を治す働きのあるヒアルロン酸点眼液のみでしたが最近は目の表面の水分と枯液物質ムチンの分泌を促す点眼薬が主流になっています。シリコン製の『涙点プラグ』を挿入する治療法もあります」

 ――大切なことは。

 「ドライアイと症状が似ているが、別の病気の場合もあるので診察・検査はきちんと受けましょう。ドライアイは完治が難しいため、症状を少しずつ改善し、生活や仕事に支障をきたさないようにすることが大切。治療は長期に及ぶ場合が多く、根気が必要です。

 日常生活では長時間のパソコン作業を避け、室内の乾燥に注意するなどの配慮を。気になる人は眼科専門医に相談しましょう」

■南区別所3の8の3クリニックビル3F 【電話】045・731・1113平日9時〜12時/14時〜18時 土日9時〜15時 木曜・祝日休み

かめざわ眼科

横浜市南区別所3-8-3 クリニックビル3F

TEL:045-731-1113

https://www.kamezawa-ganka.com/inchou.html

金沢区・磯子区版のピックアップ(PR)最新6

補聴器購入は専門店へ

めがねの荒木 追浜店

補聴器購入は専門店へ

今年は「よく聞こえる」1年を

1月20日号

古家・空家・室内そのままでOK

ウスイホーム金沢文庫店

古家・空家・室内そのままでOK

面倒な室内外片付け不要

1月20日号

ブロック塀の安全を確認しましょう

横浜市

ブロック塀の安全を確認しましょう

併せて意見募集にもご協力ください

1月20日号

連節・周遊バスで夜の横浜へ

連節・周遊バスで夜の横浜へ

2月14日まで車内装飾も

1月20日号

学童で英語力養う

キッズデュオ

学童で英語力養う

能見台&金沢八景で無料体験会

1月20日号

出張買取で1万円進呈中!

おたからやビアレシーサイド店

出張買取で1万円進呈中!

「出張査定は無料です」

1月20日号

あっとほーむデスク

  • 10月26日17:54更新

  • あっとほーむデスク

    10月17日22:57更新

  • 10月16日17:36更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

感染症など題材に講演

感染症など題材に講演

2月12日、金沢公会堂で

2月12日~2月12日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook