金沢区・磯子区版 掲載号:2022年1月1日号 エリアトップへ

関東学院大厚浦さん 悔しさ糧に箱根路へ挑む 2年連続で学生連合選出

スポーツ

掲載号:2022年1月1日号

  • LINE
  • hatena
本番へ向けて意気込む厚浦さん
本番へ向けて意気込む厚浦さん

 今年も1月2日・3日に開催される「第98回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)」。関東学院大学(金沢区六浦東)の厚浦大地さん(社会学部4年)が、2年連続で関東学生連合チームに選出されている。「今年が最後のチャンス。何としても走りたい」と力強く語る。

   ◇  ◇

 「昨年1年間は悔しさをもって取り組んできた」と話す厚浦さん。前回大会でも連合チームに選出されたが、10人の出走メンバーに入ることはできなかった。「本番で走る自信はあった。その時の悔しい気持ちを忘れず、この1年間努力してきた」。一時は体調が整わない時期もあったが、昨年5月の関東学生陸上競技対校選手権大会(インカレ)のハーフマラソンで6位入賞。駒澤大や青山学院大らの選手と上位を争ったことが、自信につながった。「地道にやっていけば結果が出ると示せたはず。入賞は大学としても久々で、監督たちも喜んでくれた」

 10月の予選会は、1時間3分53秒の記録で64位でゴール。目標としたチーム15位、個人30位以内に届かなかったが、2年連続で連合チーム入りを果たした。

将来は世界へ

 戸塚区出身で小学6年から陸上競技を始めた厚浦さん。3000mで全国大会に出場した名瀬中学校在籍時から、漠然と箱根駅伝への憧れを抱いていた。大学卒業後は山形県の実業団チーム「NDソフトアスリートクラブ」で競技を続ける。「将来はフルマラソンで活躍して、2028年の五輪でメダルを狙いたい」。過去に五輪選手を育てた金田剛監督のもとで、ゆくゆくは世界の舞台も見据える。

希望は「9区」

 最後の箱根駅伝を前に「できれば9区を走りたい」。9区はかつて暮らした戸塚区が含まれ、自身も小さい時に沿道から選手へ声援を送った区間だ。「自分が箱根を走ることが、後輩の目標になるはず」。前回の悔しさを力に変え、最後の箱根路へ挑む。

金沢文庫キャンパスのグラウンドを走る厚浦さん(同大提供)
金沢文庫キャンパスのグラウンドを走る厚浦さん(同大提供)

金沢区・磯子区版のローカルニュース最新6

健康につながる脳トレ実践

健康につながる脳トレ実践 社会

横浜南法人会がセミナー

5月19日号

県銘菓を一挙公開

県銘菓を一挙公開 社会

金沢・磯子から4品紹介

5月19日号

段ボールで異世界創る

段ボールで異世界創る 文化

金沢区釜利谷東のIkkaさん

5月19日号

地域SNSで情報共有

地域SNSで情報共有 社会

磯子区がピアッザと連携

5月19日号

高校生の留学支援

高校生の留学支援 教育

市、最大で40万円補助

5月19日号

横浜市スポーツ栄誉賞に

フィギュア鍵山選手

横浜市スポーツ栄誉賞に スポーツ

5月19日号

あっとほーむデスク

  • 4月21日0:00更新

  • 3月10日0:00更新

  • 10月26日17:54更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook