金沢区・磯子区版 掲載号:2022年1月6日号 エリアトップへ

県政報告 国と人々を結ぶ役割果たす 神奈川県議会議員 あらい絹世

掲載号:2022年1月6日号

  • LINE
  • hatena

 昨年12月17日に閉会した第三回後期定例会では、医療従事者等に対する3回目の接種等を支援するため県独自の集団接種会場を設置・運営する「新型コロナウイルスワクチン接種体制の強化」3億7223万円や「ワクチン・検査パッケージ等検査支援事業費」386億9500万円など約493億円の補正予算が可決されました。

 2020年以来、新型コロナ感染症の世界的なまん延が続き、収束の見通しも立っていません。対策に追われる政府の積極財政策も続き、22年度一般会計の当初予算案の歳出総額は過去最大の107兆円超となる見通しで、借金は膨らむばかり。神奈川県でも850億円の財源不足が見込まれています。

 こうした中で昨年、強く感じたことは今日の政治の土台となっている民主主義の危うさで、国の施策と国民の思い・要望の乖離です。18歳以下への現金10万円相当の給付について混乱が生じたことが良い例です。今回の給付については国民・自治体の声を受け方針転換を行いましたが、「それは適正か」という人々の常識と国とのズレがしばしばみられます。これは役所の「決まりや運営」と人々の要望とのズレと同じことではないかと思うのです。こうした中で両者を結ぶ役割を果たすものとして、「国と人々の身近にある市町村を結ぶ都道府県の役割がますます重要になっている」ともいえます。昨年10月末の衆院議員選に続き今夏には参院議員選が予定されています。一人に1 票が託された選挙は一人ひとりが「民主主義とは」に思いを致す絶好の機会になると思います。

あらい絹世事務所

横浜市磯子区丸山 2-24-3

TEL:045-751-5250
FAX:045-751-7600

http://www.araikinuyo.jp/

金沢区・磯子区版の意見広告・議会報告最新6

第2回県議会が閉会-補正予算が可決-

県政報告

第2回県議会が閉会-補正予算が可決-

神奈川県議会議員 あらい絹世

8月4日号

常任委員会副委員長に

県政報告

常任委員会副委員長に

神奈川県議会議員 市川さとし

7月28日号

委託のあり方にメス、安全安心を推進

議員記者が行く

委託のあり方にメス、安全安心を推進

神奈川県議会議員 松崎淳

7月21日号

安全安心を一人ひとりから

県政報告【12】

安全安心を一人ひとりから

金沢区 県議会議員 大村悠

7月14日号

経済と外交に強い「あさお」が守る

意見広告

経済と外交に強い「あさお」が守る

岸田首相「ブレない信念の政治家」

6月16日号

未来を拓く、確かな力。

意見広告

未来を拓く、確かな力。

公明党外交部会長・青年局長 三浦のぶひろ

6月16日号

横浜市臨時特別給付金のお知らせ

住民税非課税世帯や新型コロナウイルス感染症の影響で家計が急変した世帯が対象

https://www.city.yokohama.lg.jp/kurashi/sumai-kurashi/hikazeikyufu/hikazeikyufu.html

<PR>

あっとほーむデスク

  • 7月7日0:00更新

  • 6月23日0:00更新

  • 6月16日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年8月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook