金沢区・磯子区版 掲載号:2022年5月5日号 エリアトップへ

【Web限定記事】横浜を拠点にウクライナの民族楽器「バンドゥーラ」の演奏活動を行う カテリーナさん 横浜市在住 

掲載号:2022年5月5日号

  • LINE
  • hatena

「世界に平和を」

 ○...西横浜駅近くの福祉施設、生活創造空間にしのランチコンサートに出演して3年ほど。4月25日には、磯子区の洋光台第二中学校でウクライナの民族楽器「バンドゥーラ」を奏でながら歌を披露した。また象の鼻パークで東日本大震災を追悼するイベントにも出演するなど、精力的に活動を行なっている。

 ○...ウクライナの出身。生まれた町はチョルノービリ原発からわずか2・5Kmの場所にあり、原発事故により生後30日で家族とともに強制退去を余儀なくされた。原発事故で被災した子どもたちで構成される音楽団に6歳で入り、海外公演も。1996年に初来日。その後も何度か訪日する中で日本の人たちの優しさに触れ、日本で活動することを決意、2006年に移住した。

 ○...「多くの人がウクライナのことを全然知らないことに気づきました」と当時を振り返る。原発事故のイメージが強く、「暗い話ばかりで辛かった。だからウクライナのことをもっと知ってもらいたいと思った」。現在は音楽や衣装、言語、料理など、ウクライナ文化を広げる活動に力を注ぐ。キーウに一人で暮らす母とは頻繁に連絡を取り合ってきた。ロシアとの戦闘激化に今は国外に避難したという。「怒りしかない。病院が攻撃されたニュースもあった。ひどすぎる」と笑みが消えた。

 ○...横浜市内に家族3人で暮らす。祖国が侵略されるという信じ難い状況の中、わずかながらも心に平安が訪れるのは「歌っている時ですかね」と話した。「母は戦争が始まってから体調を悪くしている。心配」と胸を痛める。願いは「世界に平和を」だ。「これからもウクライナの伝統文化をしっかりと発信していきたい」。その故郷を思う強い気持ちが今を支えている。

金沢区・磯子区版の人物風土記最新6

海老名 優(まさる)さん

横浜高校バドミントン部の顧問で、アニメ『ラブオールプレー』の製作に協力している

海老名 優(まさる)さん

金沢区能見台通在勤 65歳

6月23日号

村瀬 勝巳さん

磯子区歯科医師会の会長を務め、歯や口の健康づくりに取り組む

村瀬 勝巳さん

磯子区洋光台在住 57歳

6月16日号

三上 碧衣(あおい)さん

プロバスケチーム「横浜エクセレンス」のチアダンスアカデミーで講師を務める

三上 碧衣(あおい)さん

金沢総合高校出身 26歳

6月9日号

中山 真一さん

4月から磯子区青少年指導員協議会の会長を務める

中山 真一さん

磯子区杉田在住 61歳

6月2日号

山口 武夫さん

金沢区美術協会の会長を務める

山口 武夫さん

金沢区富岡西在住 83歳

5月26日号

高岡 俊之さん

4月1日に神奈川県弁護士会会長に就任した

高岡 俊之さん

横浜市在住 60歳

5月19日号

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月23日0:00更新

  • 6月16日0:00更新

  • 6月2日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

子どもに寄り添って

子どもに寄り添って

金沢区で7月に講座

7月4日~7月25日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook