神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS

歌で「侍従川」に親しみを 金沢区の有志らが制作

文化

公開:2024年6月6日

  • X
  • LINE
  • hatena
朝比奈から平潟湾まで流れる侍従川
朝比奈から平潟湾まで流れる侍従川

 金沢区を流れる「侍従川」に親しんでもらおうと、地元有志らが「侍従川讃歌」という歌を制作した。歌はインターネット上で公開されているほか、5月17日に開かれた金沢区の民生委員・児童委員の集まりで初披露。制作者たちは「歌を通じて郷土の歴史や自然に関心を持ってもらいたい」と話す。

 侍従川は金沢区の朝比奈峠を水源とし、区内大道、六浦を通って平潟湾まで流れる全長約2Kmの二級河川。近年は「ふるさと侍従川に親しむ会」による清掃活動などが地域で展開され、子どもたちが生き物と触れ合う場にもなっている。

 楽曲制作のきっかけは、曲名と同じタイトルの詩だった。詩は制作プロジェクトの中心を担った大道在住の廣瀬隆夫さんの父である故・一雄さんの作品。朝比奈や大道といった地名が盛り込まれ、かつての川沿いの風景を思わせるような内容だ。

 廣瀬さんが自宅を整理していた時にたままた詩を見つけ、廣瀬さんの高校時代の先輩だった高橋揚一さんに作曲、同じく同窓生で六浦在住の高橋克己さんへプロデュースを依頼。メロディーと元の詩を調整しながら、5番まであった詩を短くまとめた。音源ではピアノの伴奏に合わせて金沢区ゆかりのソプラノ歌手・松永知史さんが歌を担当し、有志の力を合わせて昨年8月ごろに讃歌が完成した。

世代問わず「歌って」

 完成後にはインターネット上で楽曲を公開したほか、川沿いの小中学校などにCDを配布。世代を問わず、多くの人に歌ってもらおうと廣瀬さんたちは少しずつ周知活動を行っている。

 また、讃歌は5月17日に金沢公会堂で開かれた金沢区民生委員児童委員協議会の全員協議会のプログラムの一環として、初めて人前で披露された。廣瀬さんは「いずれは子どもたちが、地域の合唱コンクールなどで歌ってくれるようになったらうれしい」と話す。楽曲はYouTubeでも聞くことができる。

楽曲を紹介するHPの二次元コード
楽曲を紹介するHPの二次元コード
民生委員・児童委員らに歌を披露した松永さん(右)
民生委員・児童委員らに歌を披露した松永さん(右)

ウスイホーム杉田店

横浜市磯子区中原4-26-27 0120-938-173

https://www.usui-home.com/

桧家住宅

7月13日㈯、14日㈰完全予約制説明会開催

https://www.hinokiya.jp/bunjyo/kanagawa/202207/48877.html

<PR>

金沢区・磯子区版のトップニュース最新6

「赤い魚」で募金活動

ブリリアシティ横浜磯子

「赤い魚」で募金活動

楽しみながら地域貢献

7月11日

コロナ前水準に回復

横浜市観光客数

コロナ前水準に回復

前年2割増の3600万人

7月11日

自転車県大会を連覇

小田小児童

自転車県大会を連覇

2年連続で全国出場へ

7月4日

児童虐待対応 過去最多に

横浜市

児童虐待対応 過去最多に

初めて1万4千件超える

7月4日

県大会で初優勝

小学生ハンドボール

県大会で初優勝

金沢区拠点に活動

6月27日

「健診未受診」に不安の声

市立小中校の不登校者増

「健診未受診」に不安の声

市、他事例調査し取組検討

6月27日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月20日0:00更新

  • 6月13日0:00更新

  • 5月30日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook