金沢区・磯子区版

金沢文庫芸術祭でネパールの復興支援を呼びかける

チットラカール ディポックさん

横須賀市在住 47歳

掲載号:2015年9月10日号

ネパールの”未来”育てる

 ○…14世紀のネパールで王族より曼荼羅絵師に認められて以来、脈々と伝統をつないできた家系。国の祭で用いる品は一族が手掛ける。「誇り。次も家族の元に生まれたい」と微笑む。その母国が、4月の大地震で甚大な被害を受けた。「できるなら神様になって全ての人を救いたい」。真っすぐな思いが復興支援へ突き動かす。

 ○…世界遺産も幼い頃は遊び場だった。「ダルバール広場で像の腕から顔を出したら抜けずに大騒ぎ」。やんちゃ少年だが筆とは常に一緒。「曼荼羅は一つの人生」。自然や人間を深く知って描ける世界だが、自分は根底まで理解しているのか――「親元にいたらこのままだ」。最高指導者の元に通い、教えを乞うと「カーテンがとれたようにすっとした」。独り立ちの第一歩だった。

 ○…導かれるように来た日本。ミステリアスさに惹かれ、中学時代からひらがなを練習した。29歳で初来日。「昔から知っているように感じた」。観光のつもりが、縁が縁を呼び曼荼羅展を開く運びに。ありったけの額を提供する人、300もの客を呼ぶ人――不思議な出会いでとんとん拍子に次開催が決定。未知の国と、深めるべくして縁を深めた。版画家の妻との結婚を機に33歳で移住。2カ月後には横浜市の小学校で異文化を伝える講師に。目指すのは夢を与える授業だ。文化のほか、母国の厳しい現状も伝えるが悲観しない。「子どもは未来。国際理解を深め国を支える人を育てたい」

 ○…発災1カ月後すぐに母国へ。貧困が進む30家庭に1カ月分の食料を届けた。家族も心配だが「人を見ず平等に支援したい」と信念を持つ。だが食料供給だけではきりがない。「未来につながるのは教育」。3年前から曼荼羅教室を行うアサバアートスクエアの仲間と、倒壊した学校再建のため募金を開始した。小学校でも現状を伝えている。「支援が形に残れば日本の子にとっても大きな教育。感動の笑顔になる」。2つの国の未来を育てていく。
 

金沢区・磯子区版の人物風土記最新3件

  • 4月から金沢消防団長を務める

    野本 敏明さん

    金沢区富岡西在住 63歳

    4月12日号

  • 磯子区休日急患診療所の移転に尽力した区医師会前会長で現在市医師会副会長の

    武安 宣明さん

    磯子区洋光台在住 62歳

    4月5日号

  • 南区のパン店の店主で商品がパン専門サイトの「パンオブザイヤー」に選ばれた

    佐々木 建治さん

    磯子区汐見台在住 46歳

    3月22日号