磯子区版 掲載号:2011年3月3日号

咲き誇る花の香り楽しむ 社会

洋光台で梅まつり

記念植樹を行ういそっぴと関係者たち
記念植樹を行ういそっぴと関係者たち

 洋光台西公園内の梅の里で2月19日、毎年この時期恒例となっている、梅の里まつりが開催された。

 開会式には、自治会や地元商店街関係者、地域住民などが参加した。

 主催者としてあいさつに立った連合自治町内会の三上勇夫会長は、「11年前の洋光台誕生30周年前年、梅の里づくりが始まった。当時はわずかだった梅の木も、地域の人々や土木事務所などの協力で、今では100本を超える数が植えられている。区の木でもあるこの梅を大切に育て、後世に引き継いでいきたい」と話した。

 式典後には、梅の木の記念植樹も行われ、磯子まつりのキャラクター「いそっぴ」も加わって、関係者たちがスコップで苗木を植えていた。

 会場には咲き誇る梅の香りとともに、数々の模擬店から漂う香ばしい香りが広がり、親子連れなど近隣の住民たちは、年に1度のまつりを目と鼻と、そして食事で満喫していた。
 

磯子区版のローカルニュース最新6件

関連記事(ベータ版)

磯子区版の関連リンク

あっとほーむデスク

磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年2月23日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/