磯子区版 掲載号:2011年3月17日号

磯子図書館

汐中生企画で展示会

3月23日から館内スペースで

会議では様々なアイディアが飛び出した
会議では様々なアイディアが飛び出した

 磯子図書館(本多俊雄館長)で3月23日から、市立汐見台中学校(河内麻里校長)と共同で企画した手づくりポップ展示会が開催される。企画段階から中学生が参加するイベントは、同図書館初の試みとなる。

 今回、展示イベントの企画を考えたのは、図書委員などを務める汐見台中の1、2年生約20人。3月4日には図書館で企画会議が開かれ、話し合いが行われた。

 発表では、「A(あなたが)K(恋する)B(ブック)48(48冊)」といったキャッチコピーや、「自分たちの手づくり帯をカラーコピーして本につけ、貸出しては」など、様々なアイデアが出た。提案のあった企画のいくつかは、図書館職員が実際に作成。3月23日から4月10日まで開催される展示イベントで使用される。

中学生力活用

 中学生が企画参加するという動きは、昨年度から始まった。

 汐見台中は昨年度、市教育委員会から「学校図書館活性化推進校」の指定を受けた。それを踏まえ同校では、生徒たちが自ら好きな本を1冊選び、その本を紹介するポップや帯づくり授業を実施した。

 いっぽう、磯子図書館は活性化推進校と定期的に会議を行っており、その中で同校の活動を把握。校内展示だけで終わらせるのはもったいないという判断から昨年度、それらの作品を借り受け、展示会を実施。大人とは異なる中学生らしい選本や、手づくりならではの親しみやすさから、大好評だったという。

 それを受け、図書館では、作品展示だけでなく、レイアウトやキャッチコピーなど、企画段階から中学生のアイデアを活用することを決定。今回のイベント実施に至った。図書館では、「生徒たちのアイデアを生かした展示は、多くの人が図書館に立ち寄ったり、本に親しみを持つきっかけになると思う」と話した。
 

磯子区版のトップニュース最新6件

まちづくり方針を改定

磯子区

まちづくり方針を改定

1月19日号

長島氏が出馬を表明

横浜市長選

長島氏が出馬を表明

1月12日号

区制90周年の標語決定

団地再生で共同事業体

横浜市とURなど5者

団地再生で共同事業体

1月5日号

区民と祝う区制90周年に

中期計画総仕上げに全力

関連記事(ベータ版)

磯子区版の関連リンク

あっとほーむデスク

磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年2月23日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/