磯子区版 掲載号:2013年7月18日号

五代塾

上笹下ケアプラで公演 社会

昭和の家族風景を演出

懐かしい情景に自身の若いころを重ねる入所者も
懐かしい情景に自身の若いころを重ねる入所者も
 昨年に引き続き今年も、上笹下地域ケアプラザで7月13日、五代塾の塾生たちによる第2回慰問公演が行われた。主催は、上中里地区センター。

 五代塾は俳優の五代高之さんが上中里地区センターなどを会場に主宰している演劇塾。子どもから大人まで地域住民など多くの人が参加し、演技などについて学んでいる。

 当日は、ケアプラザに隣接している特別養護老人ホームの入居者やデイサービス利用者など、高齢者約100人が観劇した。

 今回の演目はオリジナル作品『祭りの日には』。物語の舞台は、東京タワーが完成した1958年ごろのある豆腐屋。父親と息子の衝突と和解などを中心に、家族の結びつきや家族愛をテーマに描いている。会場内には当時の雰囲気を演出しようと、その頃に上映していた映画のポスターなどが展示され、物語の途中には坂本九さんの「上を向いて歩こう」など、その時代の代表曲を多く使用。会場では、一緒に口ずさむ人たちの姿も多く見られた。

 脚本と演出を手掛けた鴨志田媛夢さんは、高齢になった自身の祖母に観てもらいたいという思いでこの作品を作ったそうで「お年寄りは自分の若いころの情景に囲まれると、脳が若返ると聞いたので」と、物語について語った。

 また、主宰の五代さんは「みなさんが懐かしそうに観劇していたのが印象に残った。入居者の方たちは外出が難しい人も多くいらっしゃる。その人たちが今回の公演を見て、施設内にいながら、若いころを思い出してもらえたら嬉しい」と振り返った。

磯子区版のローカルニュース最新6件

18歳、それぞれの未来図

野球×サッカー 特別対談

18歳、それぞれの未来図

1月19日号

「ラグビー知るきっかけに」

元日本代表広瀬さん

「ラグビー知るきっかけに」

1月19日号

「じんじん」無料上映会

安全、安心な街づくり推進

クラシックホテルを巡る

読者プレゼント

クラシックホテルを巡る

1月19日号

地域防災力の向上を

関連記事(ベータ版)

磯子区版の関連リンク

あっとほーむデスク

磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年2月23日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/