磯子区版 掲載号:2014年8月28日号 エリアトップへ

杉田全体、まつり一色に 多彩催しに地元熱気

社会

掲載号:2014年8月28日号

  • LINE
  • hatena

 杉田八幡宮の例大祭にあわせ、杉田地区全体で毎年行われている地域まつり。今年は8月23、24日の2日間にわたって開催された。

 杉田商店街、プララ杉田専門店会、杉田駅前商店会、聖天橋センターの4商店街と地元自治会などが合同で実施している「ふれあい杉田まつり」では、23日にプララ杉田パティオ広場でオープニングセレモニーを行った。まつり実行委員長の松木寿展委員長は「多くの方々の協力で毎年開催できている。みなさんに楽しんでいただけるよう頑張っていきます」と挨拶した。

 その後、地元杉田小学校の特別合唱クラブ・杉田ハーモニーズによる歌声の披露や、同校MDS金管バンドによる演奏なども行われ、多くの人が子どもたちのパフォーマンスに大きな拍手を送っていた。

らびすたでもフェスタ

 新杉田のらびすた新杉田でも同日、9回目となる「ワッショイ・サマーフェスタ」が開催された。

 会場では、ハワイアンダンスチームによるフラの披露や、同じくハワイアン音楽の演奏などが行われ、会場は夏らしい雰囲気に包まれた。また、横浜中学高校和太鼓部の生徒たちによる勇ましい演奏や、地元アマチュアミュージシャンサークルであるイマージュISOGOのライブなどもあり、多様な音楽が流れた。

 会場を訪れていた女性は「小さな子どもたちから地域の大人の方たちまで、様々な演奏やパフォーマンスが楽しめるので、毎年このまつりを楽しみにしています」と話した。