磯子区版 掲載号:2015年3月5日号 エリアトップへ

災害に備え物資備蓄 赤十字県支部の取組み

社会

掲載号:2015年3月5日号

  • LINE
  • hatena
支部に展示されている救援物資
支部に展示されている救援物資

 東日本大震災から4年。日本赤十字社神奈川県支部ではいつ災害が起きても対応できるよう救援物資を常時備蓄している。

 救援物資は災害に応じて「毛布」や「緊急セット」、「安眠セット」などが被災者に配られる。緊急セットには食器や携帯ラジオ、懐中電灯等。安眠セットにはマットや枕、耳栓、アイマスクなど避難所でも睡眠が取れるよう配慮されている。

 中区の県支部内の情報プラザでは救援物資の見本を展示。支部では「救援物資は皆さまからの寄付で成り立っています。災害時に何が必要になるか、セットにどんなものが入っているかぜひ見学して頂ければ」と話している。

 問い合わせは、日本赤十字社神奈川県支部【電話】045・681・2123へ。
 

磯子区版のローカルニュース最新6

「ヨコハマ土産」191品を認定

横濱001

「ヨコハマ土産」191品を認定 経済

市長賞、新規認定などお披露目

2月23日号

高田さん 県優良産業人に

欧風菓子フリアンドール

高田さん 県優良産業人に 社会

よこはまおやつなど販売

2月23日号

「食事は命を頂くこと」

根岸小特別授業

「食事は命を頂くこと」 教育

ホテル料理長が講師に

2月23日号

スポーツ功労者を表彰

スポーツ功労者を表彰 スポーツ

IHIで新春の集い

2月23日号

愛の電車が運行中

京急電鉄

愛の電車が運行中 経済

ホワイトデーまで期間限定

2月23日号

「商議所、今こそ活用を」

「商議所、今こそ活用を」 社会

南部支部 笠原支部長

2月23日号