磯子区版 掲載号:2015年3月26日号 エリアトップへ

脳卒中・神経脊椎センター 4月から無料バス運行 吉野町駅・南太田駅を巡回

社会

掲載号:2015年3月26日号

  • LINE
  • hatena
4月から運行が始まる巡回シャトルバス
4月から運行が始まる巡回シャトルバス

 横浜市立脳卒中・神経脊椎センター(滝頭)では、同院と横浜市営地下鉄線「吉野町駅」、京浜急行線「南太田駅」とを結ぶ直通シャトルバスを4月1日から無料で運行する。これにより、地下鉄線や京急線を利用して来院する利用者の利便性向上が期待される。

 市立脳卒中・神経脊椎センターは、脳卒中を中心とした脳血管疾患や、高齢者に多い脊椎脊髄疾患等に対し、専門的な治療を行う病院。一日の来院者数はおよそ400人で、磯子区のほか、南区、港南区からも多く来院している。

 同院は近くに鉄道の駅がなく、来院する際の交通機関には主にバスが利用されている。しかし、乗り換えなしで直接アクセスできる路線は、JR根岸駅前と同病院とを結ぶ市営バス135系統のみ。その上、同路線の本数は病院の受付時間中、一時間に2〜3本と少なく、ほかの系統を利用した場合は、最寄りのバス停から5〜7分程度歩く必要がある。横浜市営地下鉄線や京浜急行線からバスを利用する場合も同様で、途中の停留所でバスを乗り継ぐか、その停留所から10分弱歩いて来院することとなる。

 こうした状況に、同院で行っている外来患者対象のアンケートでは、例年、病院の立地や交通アクセスについての設問で「不便に感じる」という声が多く寄せられている。

車椅子の積載も可能

 今回のシャトルバスの運行について、同院の担当者は「何年も前から検討していた案件」と説明。医療機能の拡大・拡充を図り病院名の変更も行った今年度、来院者の増加も見込み、交通アクセスの向上を実現する取り組みにも着手した。

 同バスの運行は市交通局が請け負う。地下鉄「吉野町駅」と京急線「南太田駅」で来院者を乗せ病院に向かう経路で、一巡回25分ほど。両駅には専用のバス停が設けられ、平日のみ、午前8時台から午後2時台まで、一日9本運行される。座席数は20席で車椅子は2台積載可能だ。担当者は「来院する方にとって便利になるはず。運行の様子を見て、本数の増加等も検討していきたい」と話している。