磯子区版 エリアトップへ

2015年3月の記事一覧

  • 気合の掛け声響く

    剣道・夢心会

    気合の掛け声響く スポーツ

    区栄誉賞 河野選手を輩出

     磯子区剣道連盟の支部の1つである夢心会の練習が2月24日、滝頭小学校体育館で行われた。  同会は先日、区栄誉賞を受賞し...(続きを読む)

    3月5日号

  • 災害時の給水訓練

    災害時の給水訓練 社会

    地元企業の職員が参加

     浜中学校グラウンド隣接地にある災害時用地下給水タンクを使っての給水訓練が2月27日行われた。  このタンクの容量は60...(続きを読む)

    3月5日号

  • 鉄則は

    外壁塗装

    鉄則は"3社以上の相見積もり"

    小冊子「外壁塗装のヒミツ」無料進呈中

     「自社専属職人による施工」や「安心の価格」「最長20年の保証」といった利用者本位の営業方針と、磯子区担当スタッフ・高橋さん=写真の親身な対応が好評を...(続きを読む)

    3月5日号

  • 春のトラックフェスタ

    3月14、15日

    春のトラックフェスタ 社会

    楽しく交通安全学ぼう

     みなとみらいのクイーンズスクエア横浜で3月14、15日、「第4回春のトラックフェスタ2015〜交通安全から見るトラック輸送〜」が開かれる。主催は、緑...(続きを読む)

    3月5日号

  • 大会ゲスト決まる

    大会ゲスト決まる スポーツ

    横浜マラソン2015

     3月15日に開催される「横浜マラソン2015」。このほど、俳優の鶴見辰吾さん(フルマラソン)、谷原章介さん(10Km)、お笑いタレントの間寛平さん(...(続きを読む)

    3月5日号

  • 2議席に3氏名乗り

    磯子区県議選

    2議席に3氏名乗り 政治

    現職2人と新人の争いへ

     4月3日に告示、12日に投開票される神奈川県議会議員選挙に向け、磯子区からの立候補予定者の顔ぶれが出揃ってきた。本紙の調べでは3月2日時点で、定数2...(続きを読む)

    3月5日号

  • ミニ四駆で世代間交流

    ミニ四駆で世代間交流 社会

    大人も子どもも夢中に

     サンモール洋光台内のCCラボで2月22日から5日間、ミニ四駆教室「みによん!」が開かれた。  この企画は、任意団体の洋...(続きを読む)

    3月5日号

  • 片岡 直子さん

    磯子図書館で行われた紙芝居の演じ方講座で講師を務めた

    片岡 直子さん

    南区在住 54歳

    出会い重ね、物語描く  ○…手作り紙芝居作家として、地域にゆかりあるエピソードやその町に伝わ...(続きを読む)

    3月5日号

  • 黒岩県政 8割が評価

    県議選予定者アンケート

    黒岩県政 8割が評価 政治

    相乗り構図くっきり

     4月3日告示・12日投開票の日程で行われる神奈川県議会議員選挙(定数105)。タウンニュース社では、立候補予定者を対象に独自のアンケート調査を行った...(続きを読む)

    3月5日号

  • めん類で開催決定

    市商連「ガチ!」企画

    めん類で開催決定 経済

    投票は7月開始予定

     市内商店街を舞台に展開する「ガチ」シリーズ第5弾に、このほど「めん類」が決定した。その名も「ガチめん!」。一般社団法人市商店街総連合会が主催する。...(続きを読む)

    3月5日号

  • 災害に備え物資備蓄

    災害に備え物資備蓄 社会

    赤十字県支部の取組み

     東日本大震災から4年。日本赤十字社神奈川県支部ではいつ災害が起きても対応できるよう救援物資を常時備蓄している。  救援...(続きを読む)

    3月5日号

  • 今年も巡回公演始まる

    地元劇団横綱チュチュ

    今年も巡回公演始まる 文化

    心温まる新作に観客拍手

     区内で活動するアマチュア演劇グループ、劇団「横綱チュチュ」(安次嶺里絵子代表)。今年も恒例の区内巡回公演がスタートし、2月28日には滝頭コミュニティ...(続きを読む)

    3月5日号

  • 紙芝居の演じ方学ぶ

    紙芝居の演じ方学ぶ 文化

    磯子の昔話題材に

     磯子図書館で2月25日、紙芝居を楽しみながら、その特徴や演じ方などを学ぶ講座が行われた。講師を務めたのは、手作り紙芝居作家として広く活躍する片岡直子...(続きを読む)

    3月5日号

  • “未婚の一人親”支援へ

    横浜市

    “未婚の一人親”支援へ 社会

    独自に40事業

     横浜市は、未婚で20歳未満の子どもを育てる一人親家庭を対象とした「寡婦(夫)控除みなし適用」を4月から開始する。市の2015年度新規事業で、1900万円の予算...(続きを読む)

    3月5日号