磯子区版 掲載号:2015年11月19日号 エリアトップへ

横浜市 大さん橋に水素供給施設 県内初の移動式が開所

社会

掲載号:2015年11月19日号

  • LINE
  • hatena
開所した移動式水素ステーション
開所した移動式水素ステーション

 横浜市は11月13日、県内初となる移動式水素ステーションを大さん橋に開所した。運営事業者はJX日鉱日石エネルギー(株)。

 低炭素社会の実現をめざす横浜市は、今年3月に策定した「横浜市エネルギーアクションプラン」の中で、水素の利活用を重要施策と位置付けている。昨年から一般販売が始まった燃料電池自動車(FCV)の普及をめざし、2020年までに水素ステーション10カ所の開所を目標としており、固定式も合せると市内3カ所目。今年度中さらに3カ所新設される予定だ。

 開所初日には見学会が開催され、市や神奈川県の公用車への水素供給も行われた。温暖化対策統括本部企画調整部の澤木勉課長は「都市部の観光スポットに置くことで多くの人に知ってもらえる。FCVの普及に繋がれば」と話している。

 営業日は毎週月曜日・木曜日・金曜日の午前10時から正午まで。